8時間ダイエットでスリムになりたい!成功する正しいやり方と注意点 

8時間ダイエットとは?成功する正しいやり方と注意点 

カロリー抑制中の方は、食べる物や食べる量についてはよく考えていますよね。

なるべく低カロリーで脂肪分が少なく、低糖質なものを選び、食べ過ぎに注意していることでしょう。

しかし、食べる時間については気を使っているでしょうか?

仕事から帰宅する時間が遅いと、夜中に食べてしまったりしていませんか?

そこで今回は、口コミでも話題の食べる時間を意識した「8時間シェイプアップ」のやり方、注意点などをご紹介していきます。

8時間シェイプアップとは

8時間シェイプアップは、厳しい食事制限やハードなトレーニングが一切不要なスリムになる方法です。

8時間シェイプアップとは、8時間の間に集中的に食事をして、残りの16時間は食べない時間に充てるという「時間」を意識したシェイプアップ法になります。

このスリムになる方法は、消化器官を休めることができるので、痩せやすいだけでなく、内臓疲労の回復や健康にもメリットが多いと言われています。

食べるものや摂取カロリーが決められていませんので、今すぐにでも始めることが可能です。

8時間シェイプアップのルール

「8時間シェイプアップ」とは、1日24時間のうち、8時間だけ食事を摂り、残りの16時間は内蔵を休ませるために、水だけを摂ります。

ポイントは、8時間以内ならば、基本的に何を食べても問題ありませんが、シェイプアップですから食べ過ぎはNG。

通常の食事は、1日3回の食事ですが、8時間シェイプアップを実践すると、1日2回の食事となります。

そのため、1食分をカットできますので、自然と総カロリーを減らすことができるというわけです。

▼8時間シェイプアップの食事例
【朝食】朝7時
→次の食事は15時までに食べる

【次の食事】7時~15時まで
→15時以降は食べない

8時間シェイプアップは、何も食べない時間が16時間もあるため、長時間消化器官を休めることができるのです。

いつも休まず動いている内蔵を休ませることによって、胃腸が正常に働くようになり、内臓疲労の回復が期待できます。

そして、8時間シェイプアップは、適度な運動を併用させることによって、代謝を上げて、痩せやすい体質に変えていきます。

8時間シェイプアップを実践した方シェイプアップの口コミによると、早い人で1週間で3キロ落とすことができるそうですよ。

8時間シェイプアップのメリット

8時間シェイプアップを実践するとどんなメリットがあるのでしょうか?

ここからは、そのメリットをみていきましょう。

①総摂取カロリーを減らせる

8時間の間にその日の食事をすべて済ませるため、1日2食シェイプアップとも言われる「8時間シェイプアップ」。

8時間シェイプアップは、自動的に1食減るため、無理なく体重を減らすことができて、自然とカロリー制限ができて体重が落ちるというわけ。

どんな方でもシェイプアップを継続さえできれば、体重は減ってきます。

今までよりも胃腸が健康になるので、太りにくく痩せやすい体質になっていきます。

②カロリー抑制中のお通じの悪さの解消

食べない時間を多くすることで、胃腸の働きが良くなり、健康にとっても良いと言われています。

内蔵機能や消化と排泄器官を正常化させるため、カロリー抑制中のお通じの悪さの解消にも役立つのが嬉しいメリット。

③目覚めがスムーズ

夜遅くまで起きていると、夕食の後に小腹がすいて寝る前に何かつまんでしまうことがありますよね。

そして、5時間後くらいにまた朝食を摂ると
胃腸が休まることはありません。

8時間シェイプアップを習慣化すると、胃腸が休まるために、朝の目覚めがスムーズになり、昼間の眠気やだるさも解消されていきますよ。

④消化吸収が良くなる

人間の体には「消化酵素」と「代謝酵素」という2種類の酵素があります。

消化酵素は、食べ物を細かく分解して吸収しやすくするために使われ、糖質を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するペプシン、脂質を分解するリパーゼの3種類あります。

そして、代謝酵素はエネルギーを消費するために欠かせない酵素です。

日頃から暴飲暴食を続けていると、消化酵素が大量に消費されて、代謝酵素が減ってしまい、 代謝が落ちて、痩せにくくなってしまいます。

8時間シェイプアップを実践すると、食べない時間が増えて、消化酵素の分泌を抑えることができるため、代謝酵素が活発化するのです。

代謝を促進されると、脂肪が燃えやすくなるので、痩せやすくなるというわけです。

⑤集中力がアップする

胃腸が絶えず働いている間は、血液が脳にいかずに胃腸に集まるため、自律神経の副交感神経が優位になり、眠くなったり、集中力が落ちてしまいます。

お昼ご飯のあとには、眠くて仕事に集中できないという経験はよくありますよね。

8時間カロリー抑制をすると、16時間何も食べない時間を作り胃腸を休ませることができます。

胃腸の機能を回復させて、血液がしっかり脳へ運ばれるために集中力がアップするというメリットもありますよ。

8時間シェイプアップのやり方

ここからは、実際に8時間シェイプアップのやり方をご紹介します。

基本的には8時間以内に食事をとるというルールですが、何時くらいにどんな食事をすれば良いのかをみていきましょう。

①朝食を抜く

8時間シェイプアップの方法は、8時間の間に2回の食事をして、残りの16時間を食事をしないやり方になります。

自分のライフスタイルに合わせて8時間の間に1日分の食事を済ませれば大丈夫です。

もし迷ったら、朝食を抜くことをオススメします。

朝食を抜いて、昼食は12時に食べて、夕食は20時までに済ませるやり方です。

社会人ならば、付き合いで昼食や夕食は外食というケースも多いでしょうから、この方法なら取り組みやすいでしょう。

②有酸素運動を併用する

8時間シェイプアップは、ハードなトレーニングは不要ですが、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動を併用することで、脂肪燃焼を促進させて痩せやすくなります。

始めは1日10分程度でも良いので、適度な運動も取り入れていきましょう。

慣れてきたら、運動時間を増やしたり、筋力アップのために、筋トレも併用すると良いですね。

③水をたくさん飲む

8時間カロリー抑制中は、代謝を上げるためにしっかりと水分補給をするようにしましょう。

お水はいつでも飲んで大丈夫ですから、積極的に摂るようにしてください。

1度に一気に水を飲むのではなく、コップ1杯を何回かに分けて摂取しましょう。

ただし、コーラやファンタなどの清涼飲料水や野菜ジュース、フルーツジュース、などカロリーがあるものはNG。

コーヒーや紅茶も問題ありませんが、目安量としては1日3杯まで、砂糖やミルク入れずに飲みましょう。

コーヒーに含まれるカフェインは、脂肪の分解を早めたり、交感神経を活発化させてエネルギー消費を助ける働きをします。

カロリー抑制中は、基本水を飲むようにして、ノンカフェインの麦茶やルイボスティーもオススメ。

④スーパーフードを取り入れる

8時間シェイプアップのルールには、8種類あるスーパーフードの中から1日2種類を食べるルールがあります。

▼スーパーフード

・卵、脂身の少ない肉類
・乳製品
・ナッツ類
・豆類
・ベリー系の果物
・明るい色の果物
・玄米などの穀物
・葉物野菜

これらの8種類のスーパーフードの中から食材を選ぶことで、自然と栄養バランスが良くなり、代謝を上げて痩せやすくなるのです。

8時間シェイプアップの緩い版10時間シェイプアップもオススメ

8時間シェイプアップをやってみたけど、仕事の都合上難しかったという方は、10時間シェイプアップに切り替えてみましょう。

10時間シェイプアップとは、8時間シェイプアップよりも時間的に余裕があるので、焦る必要なく続けやすくなります。

もちろん8時間シェイプアップよりは、体重変化はスローになりますが、結果は現れるので諦めずに続けてみましょう。

ルールは先程ご紹介したやり方と全く同じで8時間を10時間に変えるだけです。

カロリーを今まで以上に増やさないように注意して実践してくださいね。

8時間シェイプアップ3つの注意点

8時間シェイプアップは、シンプルなシェイプアップですが注意点もありますので、ここで確認しておきましょう。

①摂取カロリーを増やさない

8時間シェイプアップでは、カロリー制限がないので続けやすいのですが、8時間の間に暴飲暴食してしまったら、もちろんスリムになることはできません。

8時間シェイプアップに失敗してしまう方は、空腹時間が長いことで、逆に総摂取カロリーが増えてしまい、リバウンドのように太ってしまったこいうケースがあります。

極端なカロリー制限は必要ありませんが、総カロリーは今まで以上に増やさないように注意しましょう。

②食物繊維を多く摂取する

8時間シェイプアップは、食べない時間が長いため、空腹感に襲われないように、食物繊維のある食材を積極的に食べましょう。

野菜や果物に多く含まれる食物繊維は、お腹で膨らみ血糖値が急上昇するのを抑えることができるので、満腹感が持続して、空腹感を感じにくくなるのです。

③週末だけ実践する

シェイプアップに挫折しやすい方は、まずは週末だけ8時間シェイプアップを実践してみてはいかがですか?

毎日するとお腹が空き過ぎて仕事に支障をきたしたりする可能性もあるので、ストレスにならない程度に週末だけやって見るのも良いです。

つらいと感じたら、無理をせずにシェイプアップの回数を見直して続けられるように工夫しましょう。

8時間シェイプアップのまとめ

今回は、口コミで話題になっている8時間シェイプアップのやり方をご紹介しました。

ルールはとても簡単ですが、実際にやってみると、最初は空腹がつらく感じるかもしれません。

しかし、挫折しないようにシェイプアップの回数を調節したり、選ぶ食材を工夫すれば、痩せやすい体質を手に入れることができますよ。

ぜひ、成功のコツをポイントに実践してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です