【アーモンドミルクのカロリー】アーモンドミルクのカロリー糖質とメリット注意点

アーモンドミルクダイエットの方法とカロリー&糖質をチェック

「最近アーモンドミルクって流行ってるよね!」

そう言われても、イマイチ何かわからないそこのあなた。

いや、本当に流行ってるんですよアーモンドミルク。

シェイプアップの神的存在として降臨したアーモンドミルクですが、まだまだ日本での認知度はイマイチです。

ただ、アーモンドミルクのメリットはマジなので、ぜひこの機会にアーモンドミルクを覚えて帰ってください。

というわけで今回は、アーモンドミルクについて、メリットから使い方までがっつりご紹介していきます。

アーモンドミルクとは

アーモンドミルクは菜食主義者の間で飲まれていたアーモンド由来のミルクです。

その美容における有効さによって、ハリウッドセレブが注目したことで人気となりました。

日本でも現在は牛乳・豆乳に次ぐ第三のミルクとして注目と感心が高まっています。

そして牛乳・豆乳に比べて圧倒的に低カロリーですので、シェイプアップ食品として知られるようになりました。

また、飲むことで肌ツヤが良くなり、体重も健康的に落ちることから、アーモンドミルクを利用したシェイプアップが流行しだしたのです。

最近ではスーパーなどで市販のものが売られていますので、簡単に手に入るようになったのも嬉しいですね。

アーモンドミルクのカロリーと糖質

シェイプアップ飲料として優秀なアーモンドミルクの糖質やカロリーを牛乳や豆乳と比較してみました。

コップ一杯(240mlあたり) カロリー(kcal) 糖質(グラム)
アーモンドミルク 30 O
牛乳 150 12
豆乳 80 1

表の通り、アーモンドミルクは牛乳、豆乳に比べて圧倒的に少ないカロリーと糖質です。

まさにシェイプアップミルク界のエースと言えるでしょう。

アーモンドミルクの味はどんな味

気になるアーモンドミルクの味については、牛乳や豆乳に比べてクセのないマイルドな味です。

豆乳をシェイプアップで飲もうとして、クセの強さから断念した人にもその飲みやすさからおすすめができます。

また、牛乳は日本人の半数以上が飲みすぎるとお腹を壊す体質(乳糖不耐症)なんですが、アーモンドミルクは日本人でもお腹を壊しません。

味の面でも、お腹の調子に関しても優れた飲料なのです!

アーモンドミルクシェイプアップとは

アーモンドミルクはわかったけど、具体的にアーモンドミルクシェイプアップってどうすんの?という疑問が浮かびますよね。

アーモンドミルクシェイプアップのやる方は簡単で、牛乳や豆乳をアーモンドミルクに置換するだけです。

アーモンドミルクはコップ一杯で30キロカロリーですが、牛乳は130キロカロリー、豆乳は100キロカロリーと、圧倒的に低カロリーなので、単純に飲むだけでメリットが期待できます。

置き換えるだけでカロリーを1/4から1/3に減らせるので、かなりメリットです。

また、アーモンドミルクには抗酸化作用のあるビタミンEが含まれているため、朝食前に飲むと食欲亢進作用があり健康な1日を始めることもできます。

そんな低カロリーなアーモンドミルクを飲むのがアーモンドミルクシェイプアップなのです。

アーモンドミルクの4つのメリット

また、アーモンドミルクはただ低カロリーなだけではありません。

低カロリー以外にもたくさんの美容メリットがあり、ここではその一部を紹介しましょう。

①むくみ解消

アーモンドミルクには体液の排出を促進するカリウムが含まれているためむくみの予防にメリットだと考えられています。

むくみを解消することで、見た目にもほっそりしますから、メリットを増進させるメリットですね。

②お通じの悪さ予防

アーモンドミルクには食物繊維も含まれることから、お通じの悪さの予防になります。

腸内環境を綺麗に整えることで、体重が落ちるだけでなく、肌ツヤも良くなるメリットがあるので、ただ細くなるだけでなく、美しくなるのがアーモンドミルクの素晴らしい点と言えるでしょう。

③アンチエイジング

さらに、ビタミンEの抗酸化作用により、体内の活性酸素を除去しアンチエイジングにもメリットがあることがわかっています。

細くなり、肌ツヤが良くなり、そしてアンチエイジングまさに最強じゃないでしょうか。

④貧血予防

また、鉄分が豊富なおかげで、貧血の予防になり、女性の悩みも解決されます。

これだけたくさんの美容メリットのあるアーモンドミルクはたったの30キロカロリーで摂取できるわけですから、ハリウッドセレブの間ではやるのも納得ですよね。

アーモンドミルクの作り方

アーモンドミルクってどこで手に入るの?と疑問に思いますよね。実はアーモンドミルクって手作りできるんです。

  1. アーモンド1カップ(250グラムくらい)を水3~4カップにさらす。
  2. 一晩(12時間以上)放置する
  3. 水にアクが出るので、一度水を捨ててざるにアーモンドをあける
  4. アーモンド、水3~4カップをミキサーに入れて粉砕する。
  5. ガーゼでこして不純物を取り除けば完成です。

非常に簡単ですよね。もし、手作りしたくない場合は市販のアーモンドミルクがスーパーなどにあるので探して見てください。

アーモンドミルクの4つの注意点

アーモンドミルクには注意点が4つあります。

注意点①生のアーモンドを使う

アーモンドミルクを作る際は、生アーモンドを使いましょう。

炒ったアーモンドですと栄養を十分に取ることができませんので、気をつけてください。

注意点②12時間以上水につける

アーモンドを水にさらす場合は必ず12時間以上さらしてください。

そうしないと、アーモンドのアクがミルクないに混入して味が悪く穴ってしまいます。

注意点③つけた水は使わない

また、アーモンドをさらした水は使わないでください。

見ればわかることなんですが、晒していた水は黒く濁っています。

これはアクが出ているものなので、ミルクにするときは新しい水を使用してくださいね。

注意点④できるだけ早く飲みきる

さらに、アーモンドミルクは手作りの場合、保存料が入っていません。

そのため、冷蔵保存してもそんなに長くもちませんので早めに飲みきってしまいましょう。目安は作ってから三日以内です。

アーモンドミルクは牛乳の代わりとして使える

アーモンドミルクはただ飲むだけでも十分メリットがありますが、素晴らしいのは牛乳の代わりとして使えることです。

紅茶やコーヒーに入れるミルクの代わりにすることで、アーモンドフレーバーを低カロリーで楽しめます。

また、スムージーの水分やココアやシリアルにかけるミルクなど、牛乳でできることの全てにアーモンドミルクで対応ができます。

アーモンドミルクはクセがないので、牛乳よりも好きな人が多いのではないでしょうか。

アーモンドミルクがあれば牛乳がいらないくらい有用なんですよ。

スイーツや料理にも使えますので、クックパッドなどを参考に色々アレンジしてみてください。

楽しみながらシェイプアップできるのもアーモンドミルクの素晴らしさかもしれませんね。

アーモンドミルクの成分

大人気のアーモンドミルクの成分は3つあります。

①ビタミンEが豊富

アーモンドミルクは抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれています。

老化防止と血行促進のメリットがあるビタミンEを手軽に飲むだけで摂取できると言う点で、アーモンドミルクは優秀です。

②オレイン酸が豊富

アーモンドミルクには人体に必須の資質であるオレイン酸が含まれています。

ひと昔前、脂質はシェイプアップの大敵でしたが、現在では脂質の質が重要で、とるべき油があることが研究で明らかになってきました。

で、そんな必須な脂肪酸がアーモンドミルクに含まれるオレイン酸なのです。

オレイン酸は悪玉コレステロールを抑制し、生活習慣を予防するメリットがあります。

③鉄分が豊富

アーモンドミルクには鉄分が豊富に含まれており、貧血予防にもメリットがあります。

アーモンドミルクの成分はどれも美容にメリットで、単純に低カロリーなだけでなく、美しくなるにはもってこいというわけですね。

アーモンドミルクはとにかく美味しい。紅茶に入れてほんのりアーモンドフレーバーのミルクティにして飲むのが最近の私の日課です。

以前は牛乳や豆乳をコーヒーや紅茶に入れていましたが、アーモンドミルクにしてからお通じの悪さが解消されました。おかげでポッコリお腹がすっきり軽やかになりましたよ。
(20代・女性)

牛乳や豆乳が苦手なかたも飲める、との触れ込みで試してみましたが、やっぱりミルクはミルク。

あまり美味しくありません。いくらカロリー抑制や美容によくても美味しくなくて続けられない食材はNG。

近所のスーパーには売られておらず、わざわざネット注文しなければならないのも面倒です。
(30代・女性)

【アーモンドミルクのカロリー】アーモンドミルクのカロリー糖質とメリット注意点のまとめ

アーモンドミルクはハリウッドセレブの間で大流行している栄養満点の飲み物です。

そして、カロリーは牛乳の1/4で飲むだけでメリットのあるすごい飲み物。

ただ、作るときは生のものを使用したり、早めに飲みきったりしてね・・・という内容でした。

まさにシェイプアップ界に現れた超新星的飲み物ですので、この機会にアーモンドミルクシェイプアップにデビューして見てくださいね。

きっと痩せて美しくなれますから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です