【アマランサスのカロリー】アマランサスとキヌアの違いとアマランサスの7つのメリット

スーパーフードの「アマランサス」を食べる「アマランサスシェイプアップ」には、7つのメリットや美容メリットがあります。

アマランサスは、種子だけではなく葉も栄養が豊富です。

でも、白米に混ぜて食べるだけでは飽きてしまいますよね。

もっとアマランサスの食べ方のバリエーションを増やしたい人のために、アマランサスのカロリー糖質、同じスーパーフードの「キヌア」の違いを徹底調査しました!

アマランサスとは

アマランサスは、ヒユ科ヒユ属の一年草です。「アマランンサス」の名前は、ギリシャ語の「アマラントス(しおれることがない)」から付けられました。

日本では、2015年頃からスーパーフードとしてアマランサスの種子が注目されています。

・必須アミノ酸
・ビタミン類

が豊富なので、世界保健機構(WHO)ではアマランサスを「未来の食物」と評価しています。

そのアマランサスを食べるだけのシンプルな方法がアマランサスシェイプアップになります。

アマランサスのカロリー

白米に混ぜて炊くので、アマランサスはコンニャクみたいにローカロリーなのでは?と思うかもしれません。

アマランサスのカロリーは意外と高く、白米とほぼ同じカロリーです。

100g カロリー
アマランサス 358kcal
白米 356kcal

と、白米よりも2kcal多い・・!!

アマランサスと比較されることが多いキヌアのカロリーは

100g カロリー
キヌア 368kcal

なので、キアヌより10kcal少ないですね!

アマランサスシェイプアップは、こんにゃくのように白米の代用品としてアマランサスを食べるというものではなく、

お米よりも腹持ちが良いアマランサスを食べることで空腹感を感じにくくするというスリムになる方法です。

アマランサスの葉はほうれん草よりも栄養が豊富!

アマランサスは、「種子」だけではなく「葉」の栄養も注目されています。

・カルシウムは、ほうれん草の8倍
・鉄分は、ほうれん草の2.6倍
・たんぱく質は、ほうれん草の1.4倍
・ビタミンCは、ほうれん草の1.1倍

と葉を食べないのはもったいないですよね。モロヘイヤのような見た目で、クセも無いのでどんな料理にでも合いそうです。

アマランサスシェイプアップの7つのメリット

メリット①食事抑制&お通じが良くなる

アマランサスには白米の15倍の食物繊維が含まれています。アマランサスに含まれている食物繊維は、水に溶けない不溶性食物繊維です。

胃や腸の中で水分を吸収して膨らむので、空腹を感じにくくなり、腸のぜん動運動を促進してお通じの悪さを改善するメリットが期待できます。

メリット②脂肪燃焼が良くなる

アマランサスに含まれる必須アミノ酸のひとつ「リジン」は、「カルニチン」を生成してしてくれます。

カルニチンには、脂肪酸をエネルギーに変換してくれる働きがあるので、代謝をアップして脂肪を燃やしてくれます。

また、脂肪分解酵素の「リパーゼ」の働きを活性化してくれる役割もあります。

メリット③血糖値を抑制する

炭水化物が消化され、腸に吸収されると「ブドウ糖」が血管に取り込まれて肝臓に運ばれます。

肝臓に運ばれたブドウ糖は全身を巡り、すい臓から「インスリン」が分泌されます。

インスリンはブドウ糖を細胞に取り込むよう指令を発しますが、カロリー抑制中にはあまり好ましい指令ではありませんよね。

そこで、少しでもインスリンの分泌を抑制するためにも血糖値が急激に増えるのを抑制する必要があります。

アマランサスに含まれる食物繊維は、炭水化物が腸に吸収されるのをゆるやかにしてくれるので、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる働きがあります。

メリット④コレステロール値を下げる

コレステロールは、動物細胞膜を構成する成分です。植物性ステロールは、植物の細胞膜を構成する成分で、コレステロールの運び役であるLDLに入り込む性質があります。

植物性ステロールを摂取すれば、コレステロールの値が下がるという訳ですね!

アマランサスには、植物性ステロールが含まれているので、アマランサスを摂取することでコレステロールの値が抑制されます。

メリット⑤アンチエイジングになる

アマランサスには、亜鉛と鉄分が豊富です。

・亜鉛は白米の5倍
・鉄分は白米の9倍

ですから、さすがスーパーフード!

亜鉛には、抗酸化作用を活性化する働きがあります。また、コラーゲンを合成するにはビタミンCだけではなく、鉄分が必須です。

アマランサスを摂取することで、アンチエイジングメリットを一度に手に入れることができますよ。

メリット⑥貧血予防&改善

日頃貧血気味な人は、意識してアマランサスを食べることで鉄分を補うことができます。アマランサス100gには鉄分が9.4mg含まれています。

1日に必要な鉄分量は

・成人男性の場合は7.0mg~7.5mg
・成人女性の場合は6.0mg~6.5mg

です。アマランサスの1日の摂取量の目安は100gです。普段、鉄分が不足しがちな人でもアマランサスカロリー抑制をすることで鉄分不足も解消されますよ!

メリット⑦PMSを改善する

生理の前にイライラしてしまったり、だるさなどの体の不調を感じるのは月経前症候群(PMS)の症状です。

生理の3日~10日前から心と体のバランスが崩れ、生理が始まると少しずつ症状が緩和していきます。

PMSを予防するには、血糖値を急激に上げないことが大切です。アマランサスは、食物繊維が豊富で血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる働きがあります。

アマランサスの4つの食べ方

アマランサスの食べ方①白米に混ぜて炊く

アマランサスの王道の食べ方といえば、白米と一緒に混ぜて炊飯器で炊き上げるという方法です。

通常の水加減にアマランサスと同量の水をプラスすればOKです!アマランサスのプチプチとした食感が美味しいですよ。

アマランサスの食べ方②雑炊にして食べる

白米にアマランサスを入れて炊き上げたご飯が余ってしまったときにおすすめなのが、雑炊です。

好みで味付けできるので、飽きずにアマランサスを食べ続けられそうです。

アマランサスの食べ方③スープの具にする

アマランサスをスープに入れて煮込むと、スープにとろみが出てコクが増します。

食物繊維が豊富なアマランサスをスープにプラスすれば、腹持ちが良いアマランサススープの完成!

アマランサスの食べ方④ヨーグルトにトッピングする

アマランサスをフライパンで軽く煎ってからヨーグルトにトッピングすると、ヨーグルトに香ばしさがプラスされて美味しくなります。

ヨーグルトだけではなく、クッキーやビスケットのトッピンングとしても使えますね。

アマランサスとキヌアの違い

アマランサスとキヌアは、見た目が似ていますが比較してみるとアマランサスのほうが小粒です。アマランサスは細くなるために有効な

・食物繊維
・鉄
・亜鉛

の含有量がキヌアよりも多いのが特徴です。

キヌアは、たんぱく質が豊富に含まれているにもかかわらずカロリーが高くないので、カロリー抑制中に不足しがちなたんぱく質の摂取に有効に活用したい穀物ですね。

ちなみに、100g中のカロリーはキヌアよりもアマランサスのほうが10kcal低いですよ!

【アマランサスのカロリー】アマランサスとキヌアの違いとアマランサスの7つのメリットのまとめ

アマランサスを普段の食事に取り入れることで不足している栄養素を補い巡りの良い痩せやすい体にすることが目的です。

急激に体重が減ることはありませんが、時間をかけて少しずつ体質を改善していくのでリバウンドしにくいですよ!

腹持ちが良いアマランサスを胃の中に入れることで、暴飲暴食を防いでくれるメリットがあります。

白米へ混ぜて炊くのが王道ですが、雑炊にしたりスープに入れたり軽く煎ってトッピングに使用したりと、アイディア次第でバリエーションが広がります。

アマランサス食事法の成功の秘訣は「長く続けること」なので、最低でも3カ月はアマランサスを食べ続けてみて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です