【バーガーキングのカロリー&メニュー情報】バーガーキングは太る!?マクドナルドとカロリー糖質を比較

ワッパーは太る!バーガーキングのカロリーと糖質は?マクドナルドと比較

おいしいものを早く、手軽に食べられるということで、よく利用する方が多いファーストフード店。

その中でも、本場アメリカのハンバーガーを気軽に食べることができる《バーガーキング》は特に人気の高いお店です。

1993年に日本へ上陸し、約100軒の店舗を展開しているバーガーキングは、本場アメリカのハンバーガーが食べられることで、ファンが絶えません。

しかし、ハンバーガーは炭水化物メニューということで、カロリー抑制中の方にとってはカロリーや糖質が心配ですよね。

ふとした時に食べたくなってしまったり、「バーガーキングのハンバーガーだけは我慢できない!」という方もいるはず。

そこで今回は、バーガーキングメニューのカロリー・糖質を調べ、ハンバーガーチェーンの店舗数ランキング1位である「マクドナルド」とカロリー・糖質を比較してみました。

カロリー抑制中のNGメニューも紹介しますので、参考にしてくださいね。

バーガーキングのカロリーと糖質を解析

炭水化物であることや、ボリュームのあるメニューが多いバーガーキングでは、カロリー・糖質はどのくらいあるのでしょうか。

ワッパー・ハンバーガー・サイドメニューと、3ジャンルに分けて紹介していきます。

バーガーキングワッパーのカロリー・糖質表

メニュー名 カロリー(kcal) 糖質量(g)
ダブルワッパーチーズ 1160 kcal 50.8 g
ベーコンチーズワッパー 865 kcal 49.2 g
クアトロチーズワッパー 910 kcal 45.8 g
ハッシュブラウンワッパー 956 kcal 79.2 g
ワッパー 750 kcal 50.1 g
ワッパージュニア 394 kcal 31.2 g
テリヤキワッパー 762 kcal 67.7 g
ワッパーチーズ 840 kcal 50.4 g

※ワッパーとは、直径13cm・4.4オンスのお肉を使用したハンバーガーのこと

バーガーキングハンバーガーのカロリー・糖質表

メニュー名 カロリー(kcal) 糖質量(g)
ダブルベーコンチーズ 566 kcal 31.0 g
テリヤキレタスバーガー 443 kcal 32.1 g
シングルベーコンチーズ 382 kcal 30.6 g
ハンバーガー 311 kcal 30.4 g
チーズバーガー 356 kcal 30.5 g
フィッシュバーガー 456 kcal 46.7 g
タルタルチキン 401 kcal 46.4 g

バーガーキングのサイドメニューカロリー・糖質表

メニュー名 カロリー(kcal) 糖質量(g)
ホットドッグ 247 kcal 27.6 g
フレンチフライS 216 kcal 29.0 g
ハッシュブラウン 116 kcal 12.1 g
チキンナゲット5ピース 257 kcal 18.5 g
オニオンリング4ピース 146 kcal 18.3 g
シーザーサラダ 111 kcal 3.7 g
チーズバイツ4ピース 136 kcal 14.3 g

サイズの大きいワッパーは、カロリー・糖質ともに高い数値になっています。

ハンバーガーは、ワッパーに比べるとカロリーは低めですが、炭水化物ということで、糖質は全て30gを超えてしまっています。

サイドメニューは、比較的カロリー・糖質の低いものが目につきますね。

バーガーキングと一般的なカロリーを比較

バーガーキングのカロリー・糖質が分かったところで、一般的なものとはカロリーに違いはあるのでしょうか。

人気のメニューを抜粋して、カロリーを比較していきます。

バーガーキングのカロリー表

メニュー名 カロリー(kcal)
ハンバーガー 311 kcal
チーズバーガー 356 kcal
フィッシュバーガー 456 kcal
ホットドッグ 247 kcal
チキンナゲット 257 kcal

一般的なカロリー表

メニュー名 カロリー(kcal)
ハンバーガー 292 kcal
チーズバーガー 359 kcal
フィッシュバーガー 376 kcal
ホットドッグ 317 kcal
チキンナゲット 256 kcal

こうして比較してみると、ほとんど大きな差はありませんね。

バーガーキングでは、パティを鉄板ではなく直火で焼いており、それによって余分な脂が溶けだし、カロリーを大幅にカットすることができます。

しかし、通常よりもパティが大きく、バンズもボリューミーであるため、一般的なものとあまりカロリーに差はないようです。

バーガーキングと一般的な糖質を比較

カロリーは一般的なものとあまり差はないという結果になりましたが、カロリー抑制中に注目したいのは糖質です。

次は糖質を比較していきます。

バーガーキングの糖質表

メニュー名 糖質(g)
ハンバーガー 30.4 g
チーズバーガー 30.5 g
フィッシュバーガー 46.7 g
ホットドッグ 27.6 g
チキンナゲット 18.5 g

一般的な糖質表

メニュー名 糖質(g)
ハンバーガー 35.6 g
チーズバーガー 35.4 g
フィッシュバーガー 42.0 g
ホットドッグ 34.0 g
チキンナゲット 14.0 g

糖質に関しては、あまり変わりはないようです。

やはり炭水化物ということで、糖質は高めになってしまっていますね。

どのくらい運動をすればカロリーを消費できる?

ここで、バーガーキングの《ハンバーガー311kcal》を食べた場合、どのくらい運動すればカロリーを消費できるのかを紹介します。

男性の場合・女性の場合と分けて紹介しますので、参考にしてくださいね。

年齢や代謝量によって個人差がありますので、注意してください。

バーガーキングの《ハンバーガー311kcal》を消費するのに必要な運動量

男性(30歳65kg)の場合

軽い散歩…78分
ウォーキング…61分
ジョギング…28分
自転車…55分
水泳…27分

女性(30歳50kg)の場合

軽い散歩…102分
ウォーキング…79分
ジョギング…39分
自転車…71分
水泳…35分

他のチェーン店との差はある?マクドナルドと比較

バーガーキングのメニューのカロリー・糖質や、一般的なメニューとの比較が分かったところで、他のハンバーガーチェーン店とも比較していきます。

今回は、ハンバーガーチェーン店の店舗数ランキング一位を誇る「マクドナルド」を比較対象とします。

両店舗から、似たようなメニューを抜粋してカロリーを比べていきます。

バーガーキングのカロリー表

メニュー名 カロリー(kcal)
ハンバーガー 311 kcal
チーズバーガー 356 kcal
フィッシュバーガー 456 kcal
テリヤキレタスバーガー 443 kcal
チキンナゲット 257 kcal

マクドナルドのカロリー表

メニュー名 カロリー(kcal)
ハンバーガー 260 kcal
チーズバーガー 310 kcal
フィレオフィッシュ 341 kcal
てりやきマックバーガー 496 kcal
チキンマックナゲット 263 kcal

バーガーキングの方がバーガーのサイズは大きいのですが、カロリーにあまり差はないようです。

鉄板ではなく、直火で調理しているということから、カロリーをカットすることができるようですね。

バーガーキングのメニューに含まれる栄養素

カロリー・糖質や、さまざまな比較を紹介してきましたが、バーガーキングのメニューにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

バーガーキングメニューに含まれている栄養素について紹介します。

細くなるために有効な栄養素もありますので、参考にしてくださいね。

パティの栄養素について

バーガーキングのバーガーに使用されているパティは100%ビーフのものになっています。

じっくりと直火焼きにされ、うま味と肉汁がたっぷり詰まったパティ。

含まれる栄養素としては、タンパク質、ビタミンB12、ヘム鉄、亜鉛が挙げられます。

タンパク質について

タンパク質は、体内で作ることができず、食事から補うしかないため、カロリー抑制中に不足しがちです。

筋肉の量を増やし、代謝を上げてくれる栄養素なので、カロリー抑制中には積極的に摂取したい栄養素です。

逆に不足してしまうと、筋肉量が減り、脂肪を燃焼しにくい身体になってしまいます。

ビタミンB12について

身体を健康に保つために、大切な働きをする栄養素のひとつであるビタミンB12.

血液を増やしてくれたり、末梢神経を修復する手助けをしてくれます。ビタミンB12が不足してしまうと、貧血や疲労といった不調を引き起こしてしまいます。

また、集中力の低下や、気分が落ち込んでしまったりと、精神的な面にも影響を及ぼすことも。

ヘム鉄について

牛肉に含まれている鉄分はヘム鉄というもので、ヘモグロビンを活性化する手助けをしてくれる栄養素です。

ヘム鉄は、身体への吸収率が優れているという特徴があります。

そのため、貧血予防や冷え性の改善に期待することができ、女性におすすめの栄養素となっています。

亜鉛について

亜鉛は、体内で作ることができず、食事から補う必要がある栄養素です。

タンパク質と合わせて摂取することによって、代謝の上昇を促してくれます。

亜鉛は、汗の中に多く含まれているため、運動をする機会の多いカロリー抑制中には不足しがちになってしまいます。

運動をする機会の多い方は、積極的に亜鉛を摂取するように気をつけましょう。

太らないためにも食べる前にシーザーサラダを食べておく

いきなりカロリーの高いメインメニューを食べてしまうと、血糖値が急激に上昇し、太りやすくなってしまいます。

シーザーサラダは、カロリー111kcal、糖質は3.7gと、バーガーキングの中ではヘルシーなメニューです。

メインメニューを食べる前に、シーザーサラダをお腹に入れておくことによって、血糖値の上昇を緩やかにすることができ、太りにくくなります。

ポテトと甘い飲み物は控えよう

ポテトは、少ない量の割に、カロリー・糖質は高い数値になっています。

食べるとしても、Sサイズを注文するようにしましょう。

他のサイドメニューとしては、オニオンフライやチーズバイツがおすすめです。

また、ドリンクメニューのジュース・シェイクは、甘味料がたっぷりと使われています。

お茶やブラックコーヒーを選ぶようにしましょう。

昼食または早めの夕食として食べよう

夜に、高カロリー・高糖質の食事をとってしまうと、寝るまでに消化吸収しきれず、脂肪となって身体に蓄積されてしまいます。

昼食として食べると、脂肪として蓄積されるのを緩和することができたり、夕食を調節することによって、一日の摂取カロリー糖質を修正することができます。

早めの夕食として食べる場合は、18時までくらいを目安にし、それ以降は何も食べないようにしましょう。

ハンバーガーはあまり腹持ちの良い食事ではありませんので、間食には気を付けてくださいね。

カロリー抑制中のバーガーキング!NGメニューランキングBEST3

カロリー・糖質ともに高い数値のメニューが多いバーガーキングですが、特に危険なメニューを紹介します。

カロリー抑制中には、食べないように覚えておきましょう!

カロリー抑制中NGランキング第3位《テリヤキワッパー》

第3位は、大人から子供まで人気のある、「テリヤキワッパー」です。

カロリーは762kcalで、糖質が67.7gもあります。

たっぷりのテリヤキソースを絡めたワッパーは、糖質が高くなってしまうようですね。

カロリー抑制中NGランキング第2位《ダブルワッパーチーズ》

ダブルワッパーチーズとは、その名の通りワッパーが二枚使われているバーガーです。

ワッパーシリーズの中で、一番の高カロリーメニューとなっており、その数値は驚きの1160kcal。

糖質も50.8gとかなり高めですので、カロリー抑制中は我慢するようにしましょう。

カロリー抑制中NGランキング第1位《ハッシュブラウンワッパー》

ハッシュブラウンとは、ハッシュドポテトのことです。

炭水化物であるハンバーガーに、さらにジャガイモをサンドしているのですから、当然糖質は高くなってしまいます。

そのカロリーは956kcal、糖質は79.2gとなっていて、一番糖質の高いメニューです。

バーガーキングシェイプアップの口コミ

カロリー抑制中にどうしてもジャンクフードが恋しくなったら、バーガーキングのハンバーガーを食べます。ただしポテトなどのサイドメニューや甘いジュースは頼まずに。また、バーガーキングのワッパーシリーズは高カロリーなので我慢です。それでもほかのハンバーガーよりジューシーなので満足できます。

(30代・女性)

バーガーキングのワッパーは、お肉感が半端なくて一度食べたらほかのハンバーガーを食べられなくなるくらい、やみつきになります。でもカロリーがものすごく高いのが気になります。確かに美味しいけれど、普通のハンバーガーの倍以上のカロリーというのは、カロリー抑制中の身には悪魔の食べ物ですね。

(20代・女性)

カロリー抑制中のバーガーキングではワッパーシリーズは控えよう!

バーガーキングのカロリー・糖質や、さまざまな比較、太りにくい食べ方を紹介しました。

カロリー・糖質ともに高い数値のメニューが多いですので、カロリー抑制中のバーガーキングは控えた方が良いかも知れませんね。

しかし、あまり我慢をしすぎるのも体調を崩す原因になってしまいます。

どうしても食べたくなった際には、太りにくい食べ方のポイントを参考にしてください。

シェイプアップは継続することが大切ですので、無理のないように、自分に合ったペースを守るようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です