【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

カレーが大好きで、ダイエット中にも太る心配なくカレーを食べられる方法はないのかなぁ〜、なんて考えている方もいるのでは?

確かに、カレーは高カロリー高糖質なイメージが強く、ダイエット中には避けられがちな料理。

実際のところ、カレーを食べることでどれくらいのカロリー・糖質の摂取となり、ダイエット中でも食べられる方法はないのでしょうか。

今回は、カレーのカロリーと糖質について、またダイエットへのメリットやカレーを食べても太らない方法について詳しくご説明していきます。

「ダイエット中にもカレーが食べたい!」という方は必見です!

カレーのカロリーと糖質

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

カレーライス

さっそく、カレーのカロリーと糖質について見ていきましょう。

一般的なカレー1人前のカロリーと糖質について示しました。

1人前 カロリー 糖質
カレールー+具材 227kcal 14.4g
ご飯200g 336kcal 73.6g
合計 563kcal 88.0g

カレーでは、カレールーや具材よりもご飯によってカロリーや糖質が非常に高くなってしまうことがわかりますね。

特に、糖質については8割以上がご飯によるものです。

カレーのカロリーと糖質をハヤシライスやオムライスと比較

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

ハヤシライス

続いて、カレーとハヤシライス・オムライスといった他のご飯を使った料理のカロリーと糖質を比較してみましょう。

それぞれの料理のカロリーと糖質について示し、カロリーが低い順に並べてみました。

1人前 カロリー 糖質
オムライス 513kcal 80.1g
親子丼 528kcal 82.5g
中華丼 546kcal 85.2g
カレー 563kcal 88.0g
ハヤシライス 588kcal 87.0g
牛丼 595kcal 82.3g
天丼 733kcal 86.8g
カツ丼 793kcal 90.2g

カレーを含めた8種類のご飯を使った料理のカロリーと糖質について記載しましたが、カレーはこれらの料理の中でも糖質が非常に高く、カロリーも低い方とは言えないことがわかりますね。

カレーのカロリーと糖質をメーカー別に比較

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

こくまろカレー甘口

さらに、カレーのカロリーと糖質をメーカー別に比較してみましょう。

それぞれのメーカーの、カレールー1個あたりのカロリーと糖質について示し、カロリーが低い順に並べてみました。

1個(1皿分)あたり カロリー 糖質
とろけるカレー 87kcal 8.7g
こくまろカレー 89kcal 7.5g
2段熟カレー 94kcal 7.5g
バーモントカレー 100kcal 8.6g
ジャワカレー 112kcal 8.7g
ZEPPIN 117kcal 9.0g

メーカーによって、カレールー1個あたりのカロリーや糖質は多少異なり、高いものと低いものを比べると、カロリーは30kcal、糖質は1.5gほどの差があることがわかりますね。

そこまで大きな差はありませんが、少しでもカロリーや糖質の摂取を抑えたいと考えている方は、こちらを参考にカレールーを購入しましょう。

カレーのカロリーを消費するのに必要な運動量

カレーを一人前(563kcal)食べた場合、どのくらい運動すればカロリーを消費できるのでしょうか。

男性と女性、それぞれにおいて必要な運動量を記載しました。

男性の場合

 

ショッピング 253分
ウォーキング 282分
ジョギング 113分
自転車 79分
水泳 73分
女性の場合

 

ショッピング 310分
ウォーキング 350分
ジョギング 153分
自転車 96分
水泳 88分

※一般平均の体型の場合の消費量なので個人差があります。

ダイエット中にカレーを食べても大丈夫?太らない?2つのメリット

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

カレーの具

カレーをダイエット中に食べてもよいのかというと、答えはNOです!

すでにお伝えした通り、カレーはご飯を使った料理の中でも糖質がかなり高いことに加え、カロリーも低いとは言えません。

カレールーには高カロリーの油分や高糖質の小麦粉がたっぷりと使用されており、合わせて食べるご飯もカロリーや糖質が高いためです。

よってダイエット中には、なるべくカレーを食べないようにしたほうがよいと言えます。

ただ、カレーには以下のようなダイエットへのメリットもあります。

  • スパイスで代謝アップ
  • 腹持ちがよい

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

カレーのメリット①スパイスで代謝アップ

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

カレーには、ターメリックやクミン、唐辛子、ジンジャー、こしょうなどのスパイスがたっぷりと入っています。

これらのスパイスを摂取することで、体のめぐりがよくなって代謝がアップし、カロリー消費しやすい体となれるんです。

冷え性などで体温が低く、代謝が悪いと感じている方には非常にありがたい作用ですね♪

カレー粉を使ってカレーを手作りする際には、カレー粉を多めに入れてスパイスをたっぷり摂取できるカレーを作るのがダイエットにいいですよ!

カレーのメリット②腹持ちがよい

カレーには油分が多く含まれているため、非常に腹持ちがいいです。

食事の後にすぐお腹が空いてしまうと、間食をして余分なカロリー摂取をしてしまいかねませんし、空腹を我慢しすぎるとダイエットが長続きしなくなってしまいます。

カレーのような油分を含む料理を適度に食べて、空腹を感じにくい食事をとることも、ダイエットにおいては必要と言えるでしょう。

ただ、食べ過ぎればカロリーや糖質の摂りすぎとなり、ダイエットができなくなってしまうため、食べる量には十分注意するべきです。

カレーを食べても太らない5つの方法

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

太らない方法①野菜を最初に食べる

ダイエット中にカレーを食べる際には、最初に野菜を食べるようにしましょう。

野菜には食物繊維が豊富に含まれています。

カレーで多くの糖質を摂取する前に、野菜を食べて食物繊維を摂取することで、血糖値の急上昇が抑えられ、脂肪蓄積が促されるのを予防することができるんです。

サラダや野菜スープ、野菜ジュース、野菜のマリネなど、野菜料理を組み合わせて野菜を真っ先に食べるようにするとよいですよ!

どうしても野菜料理が用意できない場合は、カレーの具材として入っている野菜から食べるようにしましょうね。

太らない方法②朝に食べる

カレーを食べても太らないためには、朝に食べるのがよいでしょう。

朝に食べたものは、1日の活動によってエネルギー消費することができるため、カロリーや糖質が高いカレーを食べても太りにくいです。

また、カレーを食べて朝にしっかりと栄養摂取することで、体温が上がってカロリー消費しやすくなります。

そのため、“朝カレーダイエット”というダイエット方法もあり、お笑い芸人のバービーさんはこの方法で85日のダイエットに取り組み、約20kgのダイエットに成功したそうですよ!

太らない方法③ご飯は少なめ

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較

ダイエット中のカレーは必ず、ご飯を少なめとしましょう。

「カレーのカロリーと糖質」の項目でお伝えした通り、カレーはご飯によってカロリーと糖質が大幅にアップしているため、ご飯の量を減らすことでかなりダイエット向きとなります。

炭水化物が少ないのは寂しいと感じる方は、カレー具材となるじゃがいもを多めに入れるのがよいでしょう。

じゃがいもはご飯の1/2以下のカロリー・糖質となっているため、ご飯の代わりとすることで、カロリーや糖質が抑えられてダイエットができるのです。

太らない方法④手作りするのがおすすめ

ダイエット中に食べるカレーは、できる限り手作りするのがおすすめ!

ご自宅で手作りすれば、カレールーを少なめにして油や小麦粉の量を抑えたり、野菜たっぷりにしてビタミンなどのダイエット中に摂るべき栄養素がしっかりと摂れるカレーとしたりすることが可能です。

ただ、ヘルシーなカレーとすることを意識しすぎて、かなりの薄味となってしまったり、自分の好みでないカレーとしたりすると、満足感が得られにくくなります。

一食の食事できちんと満足感を得ることもダイエットにおいては大切であるため、あくまでも美味しく食べられるカレーとすることを重視してくださいね。

太らない方法⑤肉は脂身の少ないものとする

カレーに加える肉は、脂身の少ないもの選ぶとダイエット向きになります。

具体的には、皮を除いた鶏むね肉おすすめです。

皮を除いた鶏むね肉は、肉の中でもトップクラスにカロリーや糖質が低く、ダイエットに最適♪

皮には脂質が多く、皮付きだとカロリーが高くなってしまうため、取り除くようにしてくださいね。

肉なしとしても構いませんが、しっかりとタンパク質をとった方が筋肉量の維持ができてダイエットに適した食事となります。

【カレーのカロリー】カレーライスは太る!?ハヤシライスやオムライスとカロリー糖質をと比較のまとめ

今回は、カレーのカロリーと糖質について、またダイエットへのメリットやカレーを食べても太らない方法について詳しくご説明してきました。

カレーはカロリーや糖質が高く、ダイエット中にはなるべく食べない方がよい料理ですが、スパイスで代謝アップができたり腹持ちがよかったりとダイエットへのメリットとなる面もあることがわかりましたね。

ダイエット中にもしカレーを食べるなら、今回ご紹介した最初に野菜を食べることや朝に食べること、ご飯を少なめにすることなどを実践して、太る心配なくカレーを食べてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です