【ほうじ茶のカロリー】ほうじ茶のカロリー糖質とメリット注意点

ほうじ茶ダイエットで痩せたい!ほうじ茶の知られざる実力とは?

お茶といえば緑茶や麦茶やウーロン茶を思い浮かべるヒトも多いでしょうが、実は近年ほうじ茶にはカロリー抑制や美容に大変良いとされている注目のアイテムだというのをご存知でしたか?

そもそもほうじ茶をあまり口にしたことがないという方もいるでしょうし、わざわざほうじ茶を購入して飲むという方も少ないかもしれませんが、ほうじ茶には健康に良いとされる緑茶を上回る実力があるのだとか!今回は今大注目のほうじ茶シェイプアップをご紹介しましょう。

いつもジュースを飲んでるブタ

飲み物といえばミルクコーヒー!炭酸飲料水!イチゴオレ!な、ブタ管理人です。

ブタは甘い飲み物が大好きだから、普段からお茶を飲むことが少ないんだけど、その中でもほうじ茶なんて最後に口にしたのは何年前か思い出せないくらいのマイナーな飲み物。

でもそんなほうじ茶を飲めばシェイプアップになるらしいの!ほうじ茶を飲むだけで本当にシェイプアップになるのか気になるよね~。

ほうじ茶のカロリー糖質

1人前 カロリー 糖質
ほうじ茶 0kcal 0g

ほうじ茶の中には「カテキン」という脂肪を燃焼しやすくしてくれる成分が入っている他、食物繊維も豊富でデトックスメリットも期待できるまさに、カロリーを抑えてる人に適した飲み物なのです。

またほうじ茶には記憶力や集中力を高めてくれる「セロトニン」や、美肌を作る「ビタミンC」、さらにはリラックスさせてくれる成分「ピラジン」なども入っているため、

シェイプアップだけではなく美容にもつながる女性には嬉しいお茶なのです。

ほうじ茶の飲み方

ほうじ茶を普段の水分補給に変えましょう。目安としては1日2リットル程が限度です。

ほうじ茶は他のお茶に比べてカフェインが少ないため、多めに摂取しても影響はありませんがそれでもカフェインがゼロというわけではありません。

どれだけシェイプアップを早く行いたいからといって、大量に飲んでしまってはカフェインを摂りすぎてしまいますので、最高でも1日2リットルまでにとどめるようにしましょう。

おすすめの飲み方は次の3つです。

  • 温めて飲む
  • 食前、食事中に飲む
  • 運動前に飲む

これらは、ほうじ茶に含まれるカテキンの脂肪を燃焼する働きを効率よく発揮させる方法なのでほうじ茶シェイプアップにチャレンジする方は上記の3つの飲み方を意識してみましょう。

特にほうじ茶があまりにも冷たすぎると、胃腸に負担をかけてしまうためNGです。

できれば冷蔵庫で冷やしたものではなく、常温のものを口にするようにしましょう。

いつもジュースを飲んでるブタ

シェイプアップの成果を早く出したいからといって、1日に2リットル以上飲んでも成果は出ないよ!

デブを早く卒業したい気持ちはわかるし、体に良い物だからどれだけ飲んでも害はなさそう!

むしろ体に良さそう!なんて考える気持ちはわかるけど、何でも摂り過ぎは逆メリット。

デブになりやすいヒトは何でも「やりすぎる」のが原因!スリム作戦を成功させたいのなら、焦らずゆっくり行おうね。

じゃないと、またシェイプアップに失敗しちゃうよ。

ほうじ茶と相性の良いシェイプアップ法

ほうじ茶は脂肪を燃焼しやすくしてくれたり、デトックスメリットでむくみを解消してくれます。

そのため、ほうじ茶のみで劇的にスリムになるのは少々難しいかもしれません。

ほうじ茶と相性が良いのが、運動を摂り入れたシェイプアップです。

ほうじ茶に含まれるカテキンは肝臓での脂肪を燃焼する力を高めてくれる働きがあります。

そのためほうじ茶を積極的に摂りながら運動をすることで、肝臓の働きが上昇して脂肪をたくさん燃焼してくれるのです。

他にも、おすすめなのが糖質カットです。

糖質カットは、血糖値の上昇を抑えることがメインですから、ほうじ茶との相性がとても良いのです。

ほうじ茶だけでは、すぐに成果を感じることができないかもしれませんが、他と合わせるだけで効率よくスリムに導いてくれます。

いつもジュースを飲んでるブタ

過去最大の体重を記録したブタは最近、運動を始めたよ!

って言っても、生まれたときからブタだったから激しい運動はできないし、ジムに行っても続かない、さらには自宅で筋トレやエクササイズをしても3日で挫折するんだけどね。

だから、ブタは無理に運動をせずに気付いたときにお部屋の中を歩いたり、階段を使ったり、車やバイクは使わずに歩いて買い物に行くようにしているよ!

ちょっとだけでも運動は運動!日々の積み重ねが成果に結びつくんだ!

ほうじ茶スリム作戦を成功させたいなら、ブーブー言わずにほんの少しでも動くように心掛けよう!

ほうじ茶のメリット

ほうじ茶は脂肪燃焼するだけではなく、美容や健康にも良いお茶です。

そんなほうじ茶を飲むことのメリットとはどんなものでしょうか?

メリット①お肌に良い

ほうじ茶でまずあげられるメリットは「お肌の調子を整える」ことです。

ほうじ茶に含まれるビタミンCは、コラーゲン生成によりお肌のハリや弾力を維持してくれるだけではなく、保湿、美白、シミや黒ずみの原因となるメラニン色素の抑制など、美容にとても良いメリットを多く得られるのです。

そのため、普段からほうじ茶を好んで愛用するタレントやモデルも多いようです。

メリット②抗酸化作用

続いてあげられるのが抗酸化作用です。

ほうじ茶に含まれるカテキンにはアンチエイジングに役立つ抗酸化作用が備わっています。

抗酸化作用とは、体の老化現象から守ってくれるだけではなく、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の防止にもつながります。

また体の酸化を促進させる、ストレスや食品添加物、紫外線、飲酒や喫煙といった原因物質からも抗酸化作用が守ってくれるというのですから驚きです。

いつまでも若々しく健康でありたいと願う方には、ほうじ茶は大変優秀なアイテムといえるでしょう。

メリット③胃腸のサポート

ほうじ茶は健康にも大変大きなメリットをもたらしてくれます。

ほうじ茶はカフェインの量も少なく、刺激が控えめのため胃に優しいだけではなくほうじ茶に含まれている「タンニン」が、胃腸の活動をサポートしてくれます。

これにより、消化不良を防いでくれます。

さらにほうじ茶には食物繊維も多く含まれているので、普段からお通じが気になっている方にもおすすめです。

メリット④口内正常化

ほうじ茶には殺菌作用もありますので、口内の雑菌を除去することで虫歯の予防や口臭予防にも期待できます。

口臭が気になっている方、歯磨きが雑な方、コーヒーを頻繁に飲む方、タバコを吸う方などは、ほうじ茶を飲むことをおすすめします。

メリット⑤ストレス解消

ほうじ茶は、リラックス脳波であるa波を出現させる「テアニン」と「ピラジン」という成分が含まれています。

この2つの成分によって、ストレスが解消されるという実験結果もあります。

a波が出現するのは、ほうじ茶を飲んだ40~50分後だそうなので、ストレスを感じているときやリラックスをしたいときは、温かいほうじ茶で癒されてみてはいかがでしょうか?

メリット⑥カフェインが少ない

カフェインは摂りすぎると、栄養バランスを崩す原因となったり、頭痛や下痢、嘔吐、神経過敏所などの体調不良や精神的不安定になるデメリットがあります。

しかし、その反面適量を摂れば集中力を高めてくれたり、脂肪の分解と燃焼を促進してくれる働きもあります。

そのためカフェインを摂りすぎるのはよくありませんが、適量であれば摂り入れたい成分でもあります。

そのため、ほうじ茶のように少量のカフェインが含まれている飲み物はサポートしてくれる飲料水として大変優秀なのです。

カフェインを適量に摂ることができるという点も、ほうじ茶がもたらす大きなメリットと言えます。

ほうじ茶の注意点

ほうじ茶は、脂肪燃焼を促すのと、水分を摂ることでデトックスメリットを期待したものです。

そのため、消費カロリーに対して摂取カロリーが多ければ当たり前のように太ります。ほうじ茶を飲んでいるからといって食べ過ぎないように気を付けましょう。

さらにほうじ茶以外にも、高カロリーな飲料水を飲んでいたり、お酒を際限なく飲んでいたらスリムになるどころか、かえって太る原因にもなりかねません。

ほうじ茶はあくまでもサポート的な飲み物、または体重を維持するためのものなので、ほうじ茶を飲むだけで運動も食事制限もなく痩せられるとは思わないようにしましょう。

【ほうじ茶のカロリー】ほうじ茶のカロリー糖質とメリット注意点のまとめ

ほうじ茶は、運動や他のシェイプアップと合わせて行うことで実力を発揮してくれます。

普段の水分をほうじ茶に変えるだけで取り組めるので、今すぐにでも始められるのも魅力的ですよね。

今ほかのカロリー抑制や運動をしていない方でも、美容や健康に役立つ飲み物ですからぜひ試してほしいです。

美人になりたい、健康になりたい、痩せて魅力的になりたいという方は飲み物をほうじ茶に変えるお手軽な方法を試してみはいかがでしょうか?

いつもジュースを飲んでるブタ

ほうじ茶が向いているヒトは、今まさにカロリー抑制中だというヒトはもちろん、何かスリム生活を始めたいけど何をしていいのかわからないというヒトかもね。

とにかくスリムになりたい、スリム生活を始めたいという方は、今すぐ手元にある砂糖たっぷりのジュースをやめてほうじ茶に切り替えてみよう。

ほうじ茶に変えればとりあえず無駄なカロリー摂取は控えられるよ!デブを卒業したいなら、デブな食生活を改善すること。

さぁ、デブを生成する高カロリーな飲料水はグッと我慢してほうじ茶を今すぐ買いに行こう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です