遺伝子検査でスリムになりたい!検査方法とやり方は?

遺伝子検査ダイエットで痩せる!検査方法とやり方は?

日本人の3人に1人は、太りやすい遺伝子を持っていると言われているのをご存知ですか?

「今までどんなシェイプアップをしてもうまく行かない」「痩せない」「リバウンドしてしまう」という方は、体質に合わないシェイプアップをしていた可能性があります。

そこで、遺伝子検査をすると、自分の体質を知ることができるため、どんなOKな食べ物とNGな食べ物がわかるのです。

さらに、適切な運動法までわかるので、効率良くスリムになることができるというわけです。

つまり、遺伝子検査シェイプアップとは、自分に合うスリムになる方法が分かるため、失敗がないので、スリムになる確率が高いと言われています。

自分の体質を把握できるだけでも、様々な病気を予防して健康維持のためになるメリットもあります。

そこで今回は、遺伝子検査シェイプアップの検査方法とやり方を詳しくご紹介しましょう。

「もうシェイプアップを失敗したくない!」「今度こそスリムになりたい!」と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

遺伝子検査シェイプアップとは?

同じシェイプアップをしても、人によってスリムになる人もいれば失敗する人もいるのは、両親から受け継いだ体質の違いによるのです。

「遺伝子検査シェイプアップ」とは、遺伝子検査をして、自分の肥満遺伝子の特徴を知り、自分にあった食事法や運動法に合わせてカロリー抑制をするやり方です。

自分の持つ肥満遺伝子から、肥満傾向や原因を分析して、どのようなスリムになる方法が適しているのかアドバイスを受けられます。

遺伝子検査シェイプアップは、専用のキットを使うだけで、自宅で簡単に自分の体質を知ることができます。

自分の持つ遺伝子は一生変わりませんので、
一度検査を受ければ、自分の体質を詳しく知ることができるので、シェイプアップだけでなく健康維持にもメリットがあるのです。

遺伝子検査の方法は?

では、自分に合ったカロリー抑制をするために、遺伝子検査はどのような方法があるのでしょうか?

遺伝子検査というと、大変な検査のイメージがありますが、やり方はとても簡単です。

①遺伝子検査の専用キットで調べる

遺伝子検査の専用キットを通販サイトなどで手に入れて、データを提出すれば専門家が解析をしてくれるという流れです。

遺伝子検査の専用キットには、唾液を採取して送り返すといったセルフの手軽なものから、医療機関で行う本格的なものまで様々な方法あります。

検査の費用は、受ける機関によって価格が異なりますが、5,000円から30,000円とかなりと幅があるので適切なものを選びましょう。

一般的には、自宅で組織を採って送る手軽なセルフのキットは価格は安く、中身は唾液を採取するツールや、口腔粘膜を採取するためのツールがセットになっています。

セルフのキットは、データを送った後は、結果が送られてくるのを待つだけですので、医療機関を訪れる手間やストレスがないのがメリットです。

②医療機関で遺伝子検査を受ける

医療機関で遺伝子検査を受けるには、遺伝子検査を行っている医療機関を受診する必要があります。

遺伝子検査方法は医療機関によって様々ですが、一般的には髪を提出したり、採血を行うなどの方法があります。

医療機関での遺伝子検査は、セルフよりも高価になりますが、価格設定は機関ごとに異なるので、事前に検査内容と予算が希望に合う機関を確認するようにしましょう。

遺伝子検査は自由診療のため、健康保険は適用されません。

医療機関で遺伝子検査をすると、検査後に食事や運動指導、漢方薬などの処方を受けることができます。

また、セルフの検査キットよりも細かく検査をしてくれるため、肥満遺伝子の他、将来にかかる可能性のある病気などもわかるのがメリットです。

とりあえず遺伝子検査をやってみたい方は、
セルフキットを試してみて、アフターケアもしっかり受けたいのであれば医療機関での遺伝子検査を受けることをオススメします。

遺伝子検査でわかる肥満遺伝子とは?

食べても太らない人や不規則な生活をしているのにいつもスリムな人を見ると、なぜ太らないのだろうと不思議に思いますよね。

その理由は、遺伝により受け継がれる「肥満遺伝子」と関係しているのです。

肥満遺伝子とは、基礎代謝に関係する遺伝子のことで、現在50種類ほどあると判明しています。

太ってしまうのは、肥満遺伝子によるものが3割、そして生活習慣によるものが7割と考えられているのです。

同じ生活習慣をしていてもすぐ太ってしまう方は、肥満遺伝子を持っている可能性が非常に高いと言えます。

肥満遺伝子には多くの種類がありますが、日本人の場合、ほとんどの人は3種類の肥満遺伝子のうちいずれかを保持していることがわかっているのです。

一般的な肥満遺伝子検査では、日本人に多い3種類の肥満遺伝子のうち、どの型に当てはまるかを検査することができます。

遺伝子検査でわかる体質の種類

遺伝子検査をすると、以下の3種類の体質に分けられて判断されます。

わかりやすく体型の特徴を果物に当てはめて説明されます。

糖質で太りやすい「りんご型」タイプ

ごはんや麺類といった炭水化物や甘いものを食べすぎると、内臓脂肪が付きやすく太りやすい「りんご型」タイプ。

「りんご型」は、β3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)を保持しています。

お腹まわりが太りやすい人は、この遺伝子を持っている可能性があり、平均よりも基礎代謝が1日200kcalほど低くなっています。

なんと、日本人の34%の人が持つ肥満遺伝子だと言われているのです。

りんご型の人は、糖質の代謝が苦手なため、
炭水化物やイモ類を食べ過ぎると太りやすく、糖尿病や高脂血症になるリスクが高いので注意が必要です。

以下の項目を気をつけると、糖質の吸収が緩やかになり、痩せやすくなります。

【りんご型の人の適切なシェイプアップ法】

・炭水化物(ご飯やパン、麺類)の摂取量を控える

・甘いものや清涼飲料水など糖質が多く含まれる食品を控える

・糖質の代謝をサポートするビタミンB1を多く含む食品(豚肉や落花生、大豆)を積極的に摂取する

・極度な糖質カットは食欲が増す原因となるため気をつける

・食事の順番を汁物→野菜(副菜)→タンパク質(メイン)→ごはん・パン(主食)にする

脂質で太りやすい「洋なし型」タイプ

「洋なし型」は、下半身に脂肪がつきやすく、脂質の代謝が低い体質です。

日本人の約25%はこの遺伝子を持っていると言われており、下半身太りが気になる方はこのタイプに当てはまります。

「洋なし型」は、アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP1)を保持しています。

脂質の代謝が苦手なため、肉や揚げ物、洋菓子、ジャンクフードを食べると、皮下脂肪が蓄積しやすく、下半身太りを促進させます。

女性にこのタイプが多く、がんや子宮関連疾患に注意が必要です。

以下の項目を気をつけると、代謝がアップして痩せやすくなります。

【洋なし型の人の適切なシェイプアップ法】

・脂質の代謝が苦手なため揚げ物や脂っこい食べ物を控える

・肉を食べる場合は、赤身やささみなど脂の少ないものを選ぶ

・身体が冷えやすいため、夕食時は体が温まる料理を選ぶ

・ショウガや唐辛子など、体を温めるスパイスを活用する

筋肉がつきにくい「バナナ型」タイプ

「バナナ型」タイプは、タンパク質の合成が苦手で、筋肉がつきにくく、一度太るとなかなか痩せにくいタイプ。

「バナナ型」タイプは、β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)を保持しています。

日本人の16%の人がこの遺伝子を持っていると言われおり、基礎代謝は通常より高めで太りにくいのですが、筋肉がつきにくい特徴があります。

バナナ型は、脂肪がつきにくいだけではなく筋肉もつきにくいため、一度太るとスリムになるのは非常に難しいタイプです。

食生活では野菜や豆腐といった低カロリーのものを好む傾向にあり、たんぱく質不足になりやすく、筋肉がつきにくいのです。

バナナ型の方は、心臓病やうつ病、低血圧などに注意が必要です。

【バナナ型の人の適切なシェイプアップ法】

・良質な高タンパク質の食品(肉類、魚類、大豆製品)を積極的に摂る

・シェイプアップは食事よりも運動を積極的に行う

・筋トレの後に有酸素運動を行い筋肉量を増やしながら体脂肪を燃焼させる

遺伝子検査シェイプアップのメリット

遺伝子検査を受けると、検査結果に基づいた、自分に合ったスリムになる方法のアドバイスをしてもらえるのがメリットです。

遺伝子解析のプロや管理栄養士、薬剤師といった専門家によるアドバイスなのでとても役立ちます。

アドバイスの内容は、どんなスリムになる方法が向いているのか、適した食事内容や運動方法が中心です。

また、どのようなサプリメントが合うのかといった指導も受けられるので効率的にシェイプアップすることができます。

自分にあった食事法や運動法がわかるので、
独自に行うシェイプアップよりもより効率的に減量することができるというわけです。

遺伝子検査シェイプアップのまとめ

今回は、遺伝子検査シェイプアップの詳細、やり方をご紹介しました。

一度自身の遺伝子タイプを調べてみると、日頃の食生活で気をつけることや運動法を知ることができて、今までよりもスムーズにスマートになるようになります。

人によって、食事制限よりも運動に力を入れた方が結果が出やすいタイプもあるのです。

流行りのシェイプアップをしても自分だけ痩せない…ともう落ち込む必要はありません。

自分はどんな体質を知ることは、流行のシェイプアップ法に振り回されずに、自分を見つめ直すきっかけにもなるはず。

今までどんなシェイプアップを繰り返してもうまく結果がでなかった方は、一度遺伝子検査して、効率的なシェイプアップしてみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です