ひよこ豆のフムス(ホンモス)でスリムになる方法と太らないための注意点

ひよこ豆のフムス(ホンモス)ダイエットは痩せるの?作り方とやり方は?

ハリウッド女優やモデルが夢中になっている、ひよこ豆「フムス(ホンモス)」。

日本のスーパーではあまり見かけることはありませんが、ひよこ豆をペースト状に加工したヘルシーフードのことなんです。

低カロリーでありながら栄養素が高く、シェイプアップに向いているとして、美容に敏感な女性達の間では大人気。

そんな世界中の女性に大人気の食材「フムス」を使った「フムスシェイプアップ」は、どのようなシェイプアップ法なのでしょうか?

そこで今回は、食べながら減量を目指すフモスシェイプアップのやり方、メリット、注意点についてご紹介していきます。

フムス(ホンモス)とはどんな食べ物?

日本ではあまり聞き慣れない「フムス」という食材はどういった食べ物なのでしょうか?

フムスは、ゆでたひよこ豆にニンニクと練りごま、オリーブオイル、レモン汁、オリーブ油、塩を合わせてペースト状にした食べ物のことを言います。

もともとは中東エリアの食べ物ですが、欧米ではアボカドと一緒にサンドイッチに入っていたり、チップスのディップとしてもよく食べられています。

フムスは100gあたり170キロカロリーと低カロリーです。

フムスの見た目はマッシュポテトに似ていて、よくピタという平たいパンにつけて食べられます。

フムスは、豆とゴマを原料としているため、良質なたんぱく質と食物繊維が多く含まれており、ミネラルやビタミンも含まれいます。

とても栄養値が高い上に低カロリーなので、健康志向の高い方や美容にこだわる女性達の間で人気となっているのです。

アメリカでは、レディー・ガガ、アン・ハサウェイ、ナタリー・ポートマンがフムスシェイプアップを実践しているようです。

また、フムスは植物性の素材しか入っていないため、肉や魚を食べないベジタリアンやヴィーガンの方にも人気が高いと言われています。

今流行中の「スーパーフード」のひとつですから、日本でもメジャーになる日が来るかもしれません。

フムス(ホンモス)シェイプアップのやり方

フムスシェイプアップは、食べながら痩せやすい体質を目指す健康的なシェイプアップ法です。

やり方はカンタンで、1日に1食フムスを食事に取り入れればいいだけです。

フムスは、一般的にはピタと呼ばれる薄いパンにつけて食べられます。

フムスシェイプアップでは、パンに付けずに、フムスにオリーブオイルをかけてそのまま食べたり、野菜のディップとして食べることが推奨されています。

フムスはヒヨコ豆からできているため、栄養価がとても高く、シェイプアップに必要なタンパク質、食物繊維、ビタミン、ミネラルがとても豊富です。

フムスは100gあたり170キロカロリーと低カロリーな料理でありながら腹持ちがよいメリットがあります。

フムスシェイプアップの1食の目安量は、2分の1カップで、摂取カロリーは約200キロカロリーとなります。

海外のフムスシェイプアップでは、ベジタリアンの方は、野菜とフムスしか食べないやり方を実践している方もいますが、初めは1日に1
食フムスを取り入れていきましょう。

メニューは、野菜のディップとしてフムスを食べたり、クラッカーにつけて食べたり、サンドウィッチに挟んだりして食べる方法がオススメ。

フムス(ホンモス)シェイプアップのメリット

ここからは、フムスシェイプアップはどんなメリットがあるのかをみていきましょう。

①コレステロールを低下させる

コレステロール値が上昇すると、太りやすくなるだけでなく、血行不良や動脈硬化といった健康に影響するリスクがあります。

フムスに含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと似た作用があり、コレステロールをコントロールできるためカロリー抑制中に役立ちます。

フムスにはひよこ豆の他、オリーブオイルやごまを使うため、必須脂肪酸であるリノール酸やオレイン酸を摂取することが可能です。

オレイン酸は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす働きをしてくれます。

②むくみ解消

フムスを含む豆類には、豊富な不溶性食物繊維が含まれています。

不溶性食物繊維は、水分を腸内で吸収して便のかさを増やすため、腸を刺激して腸のぜん動運動を促進して、便意を促す作用があります。

食物繊維は、腸内の善玉細菌の餌となり、腸内環境が整えられるため、整腸作用も期待できるのです。

腸に溜まった老廃物や不純物が体外へ排出されるため、脂肪や余分な水分を吸収することを防いで溜め込まない体質になります。

腸内環境が整って、代謝もスムーズに行われると血流も改善されるので、腸内だけでなく体全体の代謝も促進されて、痩せやすい体質へ導いてくれます。

③カロリー抑制中の肌荒れ予防

お通じの悪さが続くほど老廃物が腸内に溜まるので、腸内環境が乱れて、にきびや肌荒れを引き起こしてしまうのです。

腸内環境は、肌の調子に直接的に影響しますので、腸内環境が整えば、カロリー抑制中の肌荒れを改善・予防してくれます。

フムスに含まれる水溶性食物繊維のおかげでお通じの悪さが解消されれば、必要な栄養素が必要なところへ運ばれるようになります。

そして、肌荒れが改善・予防されて肌のターンオーバーの促進が正常化して美肌へ導いてくれます。

④筋力アップと骨を強くする

カロリー抑制中の筋力アップに役立つタンパク質は、大豆製品にも多く含まれています。

肉や乳製品など飽和脂肪酸を多く含むたんぱく質の摂取が多くなりがちな方は、カロリーオーバーしやすいのがデメリットですよね。

健康的なシェイプアップを目指す方には、フムスから 不飽和脂肪酸が豊富に含まれている植物性タンパク質を積極的に摂取しましょう。

豆類は全般的に栄養価が高い食品として有名ですが、ヒヨコ豆は大豆よりもさらに食物繊維が多く含まれているのが特徴です。

ヒヨコ豆に含まれる植物性タンパク質は、筋肉を作り骨を強くする作用があるためサポートになります。

少量でも満腹感を感じさせてくれるため、暴飲暴食とリバウンド防止にもなります。

フムス(ホンモス)の作り方

ここでは、フムスの基本的な作り方をご紹介しましょう。

フムスはスーパーでは手軽に手に入れることはできませんが、外資系大型スーパーやアマゾンといった通販で購入できます。

【材料】

・茹でたヒヨコ豆(水煮缶) 200g
・練りごま 大さじ3
・おろしにんにく 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ3
・レモン汁 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・クミンパウダー お好み

以上のフードプロセッサーで1分程混ぜ合わせてとお好みでクミンパウダーをふりかけて
出来上がりです。とても簡単ですね。

水煮缶でなく乾燥した豆の場合は、水につけて煮るようにしてください。

水煮缶を使えばたった5分でできる料理なので楽にできますよ。

フムスは、材料さえ揃えば他にもアレンジが効く料理ですし、にんにくとクミンの風味がきいていて、腹持ちもよいので、シェイプアップ食品としてオススメ!

ごまには健康を増進してくれる働きや体脂肪になりにくい良質な脂質である不飽和脂肪酸を含んでいます。

その他にもアンチエイジング、抗酸化作用があるビタミンE、デトックス作用のあるセレン、ストレスを軽減に良いトリプトファンなども摂取できます。

オリーブオイルは、悪玉コレステロールを下げてくれるオレイン酸、必須脂肪酸であるリノール酸が含まれています。

上記の材料の他にも、アボカドを混ぜたり、人参をすりおろしたものと一緒に混ぜたりしていろいろアレンジしてみるのも楽しいですよ。

フムス(ホンモス)シェイプアップの注意点

フムスは意外と簡単にできる料理だとわかりましたか、フムススリム作戦を成功するために注意点はあるのでしょうか?いくつか確認しておきましょう。

フムスは、過剰摂取してしまうとアレルギー症状が出てしまうことがあるので、食べる量には注意が必要です。

大豆アレルギーがある方は、フムスシェイプアップは実践しないようにしてください。

万が一、体に合わない場合はシェイプアップを中断して、状況に応じて医師に相談するようにしてください。

フムスは、基本的にはヒヨコ豆を使って作りますが、手に入らない場合は、ヒヨコ豆を大豆や枝豆、黒豆、なすや里芋などの野菜で代用すると良いでしょう。

フムスとは違った味になりますが、手に入りやすい材料のため、シェイプアップが継続しやすくなります。

大豆で代用すると、ヒヨコ豆より糖質を抑えることができますし、枝豆の場合はよりなめらかな料理に仕上がりますので試してみてください。

ひよこ豆のフムス(ホンモス)シェイプアップの口コミ

海外セレブが取り入れていると話題のひよこ豆のフムスシェイプアップ。ミーハーな私は早速挑戦。

簡単に作れるし、食卓がなんだかおしゃれになってテンションが上がります。

美容にもよく、胸やせしないのも嬉しいところで、体重も順調に減っています。

これはヒットの予感。続けられそうだし、もっと痩せられそうです。

(30代・女性)

ひよこ豆を通販で取り寄せてフムスを作ってみました。

ディップ代わりにサラダやパンにつけて食べてみたら、ものすごく美味しくて、パンやクラッカーを食べ過ぎてしまう結果に。

残念ながら、まさかの体重増加です。サラダや低カロリーの食材にフムスを合わせるべきですね。自分の意志の弱さに撃沈です。

(20代・女性)

フムス(ホンモス)のまとめ

今回は、海外セレブも夢中になっているフムス(ホンモス)シェイプアップのやり方をご紹介しました。

ひよこ豆は、カロリー抑制中に必要なたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富なのでオススメの食材です。

フムスシェイプアップとは、茹でたひよこ豆をニンニク、練りごま、オリーブオイルと合わせてペースト状にしたフムスを食べるだけの簡単なスリムになる方法。

フムスは、栄養素が豊富な上に、100グラム食べても170kcalという低カロリーなのが嬉しいポイント。

フムスから高い栄養価を摂取して、摂取カロリーを抑えることができるのです。

豆類が好きな方は、美味しくて食事が楽しくなるので、とても続けやすいシェイプアップだと思いますよ。

シェイプアップでは不足しがちな栄養をしっかり補給しながら、肌や髪もきれいになれるので、女性に人気があるのもうなずけますね。

材料さえ手に入れれば、5分程度で作ることができますので、ぜひこの機会にフムスを作って、セレブ達と同じスリムになる方法をチャレンジしてみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です