筋トレやる気アップ!筋トレのモチベーションを上げる7つの方法

理想のマッチョボディーを目指して毎日筋トレしていると、少しづつ変わっていく自分の体に自信が付いていきます。

しかし、人間ですから365日いつでもやる気MAX!というわけではありませんよね。

「今日は面倒くさいな…」「仕事に疲れてやりたくない…」と思うことはよくあります。

スポーツジムに行くと、計画通りにトレーニングを継続している人達を見ながら、「自分はなんて落ちこぼれなんだ…」とテンションが下がるのです。

筋トレのモチベーションが下がってしまうことは、誰でも経験することなので、あまり気にすることはありません。

そこで今回は、誰でも簡単に筋トレのモチベーションを上げる7つの方法をご紹介しましょう。

仕事が忙しくてなかなかやる気でない方、諦め癖が付いてしまっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

筋トレのモチベーションを上げる方法

筋トレのやる気がなくなることは、誰にでも起こることなので、性格的な問題ではありません。

人間生きている限り、嫌なことや落ち込むこともありますから、そのような日には筋トレだけでなく、何をする気もなくなってしまうからです。

しかし、理想的な体型を目指して筋トレをしているのなら、継続しなければゴールには辿り着けませんよね?

途中で筋トレの習慣を諦めてしまったら、今まで努力してきた時間も無駄になってしまうのです。

ですから、やる気がない時に無理に体を動かすのではなく、自分を筋トレをやりたい気持ちにさせてくれることに目を向けてみましょう。

ここからは、筋トレのモチベーションをアップしてくれる7つの方法をご紹介します。

1.明るい未来をイメージする

筋トレのやる気がない時は、自分が理想としている体型になった姿をイメージしてみてください。

例えば、男性だったら細マッチョになって女性にモテている状況、アイドルのような彼女が出来る未来、女性だったらセクシー系の服が似合う姿、完璧な水着姿をイメージするのです。

モチベーションが下がっている時は、このような自分の未来をイメージするだけで、ワクワクしてきてじっとしていられなくなります。

筋トレをやればやるほど引き締まった体になり、異性からモテるようになったり、見た目のカッコ良さがアップするのは間違いないのです。

そう考えていると、さっきまで「面倒くさい」と言っていたのが、自然に「やってみるか!」と今すぐにでも筋トレを始めたくなりますよ。

このやり方は、筋トレのワーク回数の限界を感じて諦めそうになったときも有効です。

「あと一回で細マッチョになれるぞ!」と自分に言い聞かせれば不思議と体が動きます。

2.SNSの筋トレアカウントを見る

筋トレのやる気がなくなったときは、You Tubeの筋トレ関連のチャンネルやインスタグラムの筋トレアカウントを見て、モチベーションを上げる方法もオススメです。

Youtubeは、まさに自分が目指している美しい肉体を動画で見ることができるので、「早くあんな風になりたい!」「格好いいな!」と憧れの気持ちが生まれます。

そして、筋トレの効率をアップする方法や食事法といった知識も手に入るので、今後の筋トレ生活に役立つこと間違いありません。

また、有名なボディビルダー、モデル、芸能人は、SNSのフェイスブック、ツイッター、インスタグラムで筋トレアカウントを公開しているので、日々のトレーニングや食事内容をチェックできます。

マッチョな体型をキープしている有名人達は、かなりハードな筋トレをしているため、「自分もじっとしていられない!」と気持ちを奮い立たせてくれますよ。

また、自分も筋トレ専用アカウントを作って筋トレ仲間達とモチベーションを高めるのも有効です。

特にインスタグラムの筋トレアカウントは、かなりヒートアップしているので、気になった人をたくさんフォローして、やる気をキープしていきましょう。

3.新しいサプリを購入する

頑張って筋トレをしていても、なかなか結果が現れず、理想な体にならないとモチベーションは低下してしまいます。

全く筋トレする気が起きない日は、無理に体を動かすのをやめて、新しいサプリを探しにショップに訪れてみてはいかがでしょうか?

今までサプリメントを飲まずに筋トレしている方や適当に選んでいる方は、最近の筋トレサプリを探しにいくことをオススメします。

プロテインひとつとっても、ベーシックなタイプから最近流行のHMBまで様々なタイプがあるので、専門店のスタッフと相談して良いサプリに変えてみると良いかもしれません。

筋トレサプリをはじめ、どんなサプリも人よって合う合わないがありますので、知識がある人に自分に合うものを一緒に見つけてもらうと、今後の筋トレ生活に役立つはず。

自分に合うサプリを飲みながら筋トレすれば、今までとは比べ物にならない早さで筋肉を成長させることができて、理想的なボディーに近づくことができますよ。

4.朝筋トレする

多くの方は、筋トレをする時間は仕事が終わって帰宅後、寝る前に実行しています。

しかし、仕事の後は肉体的な疲れと精神的なストレスにより、モチベーションが急激に下がってしまう時があります。

そんな方は、筋トレするのを夜から朝に切り替えてみてはいかがでしょうか?

例えば、いつも朝6時に起きている方は朝5時に起きて朝食を食べて、その後1時間はニュースをチェックしたり仕事の準備をしたりして時間を過ごします。

そして、朝食を食べてから1時間半から2時間経ったベストタイミングに筋トレを開始してください。

朝の筋トレは気持ちもリフレッシュして取り組むことができて、夜の筋トレよりも疲れにくいメリットがあります。

もし、夜の筋トレがなかなか続かない方や夜は心身ともに疲れてしまう方は、ぜひ朝方の筋トレに思い切って切り替えてみることをオススメします。

朝の運動はその後の仕事や勉強も捗るので一石二鳥ですよ!

5.筋トレを習慣化する

筋トレのモチベーションが下がってしまう方は、「筋トレは辛いもの」と捉えているため、辛いことはやりたくないと感じてしまい、最終的に諦めモードに入ってしまうのです。

しかし、筋トレが習慣化している方は、わざわざやる気を出さなくても、筋トレすることが当たり前になっているので、サボることがないのです。

例えば、食事後の歯磨きは「よし歯を磨くぞ!」なんて思わなくても、自然と習慣になっていますよね。

それと同じく筋トレすることが習慣になってしまえば、毎回毎回やる気を起こさなくても体が自然と動くというわけです。

プロのアスリートや体を鍛えている人は、筋トレが習慣化されているので、旅行中でも外出中でも自然と体が筋トレに向けて動いています。

筋トレが習慣化されれば、筋トレに取り掛かるまでの余計なエネルギーを使わなくて良いので、一石二鳥ですよ!

6.とりあえず5分だけやる

筋トレのモチベーションがいつも下がってしまう方は、筋トレの運動量や時間を短く設定してみることをオススメします。

筋トレは、少しやるだけでも男性ホルモン「テストステロン」が分泌されるので、「もうちょっとやろう」という気持ちに変わっていくのです。

はじめは「今日は5分だけ」と決めていたのに、なぜか「あと10分頑張ろう!」と自然とやる気が湧いてくるのを実感できるはず。

筋トレは、一度始めると続けたくなるので、はじめの5分がとても大切と言えます。

やる気が起きないときは、今日は5分だけと短い時間や運動量を決めて、まずは体を動かしてみてください。

7.パーソナルトレーナーを付ける

筋トレは習慣化するとモチベーションを維持しやすいとお話しましたが、なかなかやる気が出ない方は、パーソナルトレーナーを付けることをオススメします。

一般的なスポーツジムや自宅で筋トレをされている方は、自己流で黙々と進めるために、なかなか結果が出ないのでモチベーションが下がってしまうのです。

そんな方は、パーソナルトレーニングジムで自分専門のトレーナーを付けて筋トレをすることをオススメします。

パーソナルトレーニングは、筋トレの正しいやり方や食事法もアドバイスしてもらえるため、結果が出やすいメリットがあります。

そして、パーソナルトレーニングの最大のメリットは、二人三脚で筋トレを進めるのでモチベーションが下がることなく継続できるということです。

芸能人が痩せて大変身するテレビCMで有名なライザップは、熟知したトレーナーが揃っているので人気があります。

デメリットとしては費用がかかりますが、モチベーションアップのためにも始めてみてはいかがでしょうか?

筋トレ・モチベーションのまとめ

今回は、筋トレのモチベーションが下がってしまったときの7つの対処法をご紹介しました。

人間だれでもやる気がなくなることはありますので、あまり落ち込むことはありません。

しかし、モチベーションが下がり続けると自分の理想とする体型に近づくとこができなくなってしまいます。

今回ご紹介した7つの方法は、簡単にモチベーションをアップしてくれるので、ぜひ実践してみてください。

筋トレは継続してこそ結果が付いてくるので、理想的なボディーを目指して、諦めずに頑張っていきましょう、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です