産後2か月で16㎏の激やせ!太った倖田來未が痩せた食事と運動でスリムになる方法

「エロかっこいい」の表現が代名詞になるほど、セクシーな体系の持ち主の倖田來未さん。

映画「キューティーハニー」の主題歌で一躍、セクシーダンスナンバーのシンガーとしての地位を築き上げました。

そんな倖田來未さんが、妊娠を機に体重が増加してしまったのです!

そのおかげで倖田來未さんも、予定されていた雑誌の表紙取材も「待ったなし!」を余儀なくなれました。

しかし、そこで驚くことに倖田來未さんは、2か月間で-16㎏の減量に成功したのです。

短期間で体型を元に戻した倖田來未さんは、プロ意識が高いことを評価されています。

では、倖田來未さんのシェイプアップは、どうやって成功できたのでしょうか?カロリー抑制の結果と具体的な方法を解説していきましょう。

産後2か月で16㎏減!倖田來未のシェイプアップ結果

歌手の倖田來未さんが産後のシェイプアップに成功しました。

なんと!減量の数値が信じられない“2か月で-16㎏”なのです。

2011年にミクスチャー系ロックバンド「BACK-ON」のVocalのKENJI03さんと結婚。

妊娠中の2011年12月31日にNHK紅白歌合戦でマタニティ姿を披露しつつも熱唱をしてくれたのです。

そして、翌年の2012年7月16日に2952gの赤ちゃんを出産しました。

つまり、電撃的できちゃった婚ですね。

この“できちゃった婚”が、2012年の予定していたツアーの中止を余儀なくしました。

そこで2012年7月の出産の後の2か月後に雑誌の撮影という仕事を控えていた倖田來未さん。

プロ意識の強い倖田來未さんのファンに対しての責任でしょうか?

妊娠により、増加した体重を見事、2か月間で16㎏も落としたのです。

芸能人という立場もありますが、“プロ根性”としか言いようのない倖田來未さんのシェイプアップに感服します。

短期間でマイナス16㎏の産後シェイプアップに成功した倖田來未さんのプロの歌手としての評価は上がったのです。

倖田來未の身長体重とBMI

倖田來未さんの身長と体重からBMIを計算してみましょう。

現在の倖田來未さんの身長と体重は?

 身長154㎝

 体重46㎏

妊娠中の体重が公表されていないので、現在の46㎏に16㎏を足した体重を想定します。

すると、妊娠中の体重が62㎏になるのです。

では、倖田來未さんの身長でBMIを計算してみましょう。

標準体重:22×1.54m×1.54m=52.17㎏

痩せている時の倖田來未さんのBMIを計算してみました。

BMIの算出:46㎏÷(1.54m×1.54m)=19

46㎏の倖田來未さんは、BMIが「19」になり、標準体重以下のやせ型です。

BMIの算出:62㎏÷(1.54m×1.54m)=26

仮の妊娠中の体重で計算したら、BMIは「26」になりました。

倖田來未さんの体重は、公表されていないだけに定かではありませんが、マイナス16㎏のイメージになるでしょう。

太っていた時とスリムになった時の体重を比較

倖田來未さんの太っていた時と痩せていた時の体重の比較になります。

倖田來未さんの太っていた時とは、デビュー前の体重で判断しましょう。

デビュー前の倖田來未さんの体重が、53㎏でした。

現在の倖田來未さんの体重が46㎏になります。

差し引き、7㎏の差があります。

年齢とともに増加しないで体重を減らしている倖田來未さんのシェイプアップは、まさに神技といえます。

では、そんな倖田來未さんの-16㎏の産後シェイプアップで行った方法を見ていきましょう。

スリムになる方法①18時以降の食事NG&ストレッチ

まず、倖田來未さんが、行ったスリムになる方法の中で大きなウェイトを占めていたのが、食事時間の管理になります。

2カ月間という短期間の中で徹底した「食事を摂らない時間」を守ったのです。

夜の18時以降の食事は一切禁止。

だけど、18時以降の飲食をしない時間帯にダラダラしないでストレッチにも取り組んだ倖田來未さんです。

元々、倖田來未さんは「運動嫌い」を自称していますが、カロリー抑制中は、過酷にストレッチを取り入れたのです。

赤ちゃんを産んだばかりのママには、過酷なシェイプアップになります。

芸能人という立場の倖田來未さんならば、早く寝ることは考えづらいので、夜18時以降の空腹の時間が長かったことでしょう。

スリムになる方法②1日3食が決まり

さらに倖田來未さんの取り組んだシェイプアップは、「断食シェイプアップ」ではありません。

しっかりと3食きちんと摂るシェイプアップです。

つまり、18時前には、夕食を済ませてしまう1日3食のスリムになる方法になります。

1日3食は簡単に聞こえますが、ライブ活動などをしていたらできない取り組みですね。

つまりタイミングとしては、産後の休養時期が取り組みやすかったことになります。

だけど、病院の入院食を考えれば、18時前の3食は、そんなに極端な食事時間ではありません。

 朝食8時

 昼食12時

 夕食17時

例に挙げてみると上記のような食事時間計画でも夕食から14時間の食事なし時間を作れますね。

規則正しい食事時間と回数を守るだけでも、シェイプアップにメリットがあることを立証してくれました。

“食べないでスリムになる”シェイプアップより、きちんと“1日3食”でも-16㎏は、実現できるのです。

スリムになる方法③他人が食事メニュー管理

倖田來未さんのシェイプアップは、本人だけでできたわけではありません。

他人に「食事管理」をさせたことで、「甘え」の出ないシェイプアップになったのです。

倖田來未さんは「運動嫌い」なので徹底した食事管理が、2カ月間ストレスを感じないでシェイプアップに成功できた大きな要因になります。

スリムになる方法④するめでシェイプアップ

倖田來未さんの“するめでシェイプアップ”は、空腹感に負けそうになった時にメリットを発揮してくれます。

「おやつにスルメ」という感覚で、倖田來未さんは、困ったときの“スルメ”だのみ」で空腹との戦いに勝ってきたのです。

スルメの硬さによって噛む回数も増え、空腹に満足感を与えてくれます。

さらに「アタリメ」や「サキイカ」に比べて味を加工されていないので塩分やカロリーも抑えられているのです。

倖田來未さんは、3食の食事以外で、間食には、“スルメ”でシェイプアップを乗り切りました。

スリムになる方法⑤炭酸水で代謝アップ

倖田來未さんのシェイプアップは、メリットな取り組みを複合した方法になります。

中でも炭酸水を水分補給として取り入れているのです。

炭酸水は、炭酸による満腹中枢への働きが期待できます。

お水を飲む以上にお腹が膨れて満腹感を得られることで、空腹感を察知する脳をだます方法になるのです。

一つ一つの可能性を組み合わせた結果の賜物になりますね。

スリムになる方法⑥お鍋(産後にピッタリ・栄養と食べ過ぎ防止)

倖田來未さんの取り組んだ食事シェイプアップの中でも大きく貢献した方法が、お鍋シェイプアップになります。

シェイプアップ開始の一時は、野菜だけの食生活だった倖田來未さん。

しかし、美容と健康も考慮したら、栄養バランスを考える必要があります。

そこで実践したのが、「鍋シェイプアップ」だったのです。

なんと、お鍋の日を週4回以上、取り入れたほどの徹底ぶり。

およそ推定される倖田來未さんのシェイプアップ実施時期が、2012年の7月の出産以降から、秋頃の雑誌の撮影時期の間になります。

時期的には、「熱い鍋」は、敬遠したくなるような季節になります。

季節外れの「鍋シェイプアップ」を決行したのにも理由があるのです。

出産という大きなイベントを乗り越えた産後の体を回復させるには、鍋メニューが、栄養バランス的にも優れています。

余計な油を使わないで肉類や野菜類やキノコ類などをバランスよく一度に摂れることが鍋メニューの優れた面です。

特にお肉は、脂分の少ない部分などを選んで、カロリーを調整することができます。

さらに倖田來未さんが実践した鍋シェイプアップのポイントは、つけダレが、“ポン酢”のみに徹したことです。

ゴマダレなど、油を含んだカロリーの高いタレを使わないことまで、徹底した食事シェイプアップ。

さらに鍋は体を温めるので、代謝アップまで期待されます。

極めつけは、食べ過ぎ防止にもつながることです。

鍋は基本的に熱いので、「フーフー」言いながら食べるスピードも遅くなり、満腹感を早く感じることができます。

スリムになる方法⑦そうめんシェイプアップ1日2束まで

さらに倖田來未さんの取り入れた食事スリムメニューは、続きます。

そうめんシェイプアップも取り入れたのです。

“そうめん”は“うどん”や“そば”よりも、カロリーは低く、麺の細さから少量で回数を分けて食べることもできます。

炭水化物の中では、カロリーが一番低い部類になります。

ちなみに比較すると以下の通りです。

 精白米・・・100gあたり→358kcal

 ひやむぎ・・・100gあたり→356kcal

 そうめん・・・100gあたり→342kcal

1日2束までの主食として、白米の代わりに取り入れたので摂取カロリーは、下がったのです。

そして、そうめんの栄養価は、精白米以上に食物繊維が多いので、お通じの悪さの解消にもなります。

偏った栄養バランスの食事シェイプアップでは、お通じの悪さになることも予想されるので、食物繊維を含む食品を多く取り入れることが理想ですね。

さらに生姜やネギなどの薬味で代謝アップを期待できます。

スリムになる方法⑧白米→玄米+牛乳→豆乳へ置き換え

倖田來未さんは、白米を玄米に切り替えました。

白米よりもビタミンミネラル食物繊維が豊富な「玄米」は、カロリーの差は、さほどありません。

ですが、少しでも置き換えによって、カロリーを抑えるために小さな変更もシッカリと管理されたのです。

さらに明らかにカロリーの差がある牛乳から豆乳への置き換えになります。

牛乳から豆乳への置き換えは、カロリー制限だけではなく、豆乳の血液サラサラメリットも期待できるのです。

豆乳の中に含まれる大豆たんぱく質のサポニンが、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質を取り除いてくれるメリットが期待できます。

玄米も豆乳も、健康食品として有名なので、シェイプアップ目的だけではなく美容としても重宝されるのです。

美容としても食習慣に取り入れることは、倖田來未さんのセクシーボディの維持に繋がるでしょう。

スリムになる方法⑨むくみ防止靴下で美脚へ

倖田來未さんの昔から実践している食事以外のスリムになる方法で、むくみ防止靴下を履く方法があります。

2012年の産後シェイプアップ以前から、愛用して美脚を維持してきたアイテムですね。

むくみ防止靴下は通常、シェイプアップパンティストッキングと呼ばれるもの。

見た目もオシャレなハーフストッキングのような着圧タイツです。

長年、愛用していた着圧タイツですが、さすがに妊娠中もずっと着けていることが不可能だったのでしょうか?

出産を機に、常に着用して、足のむくみを防止しつつ、美脚を保ちながらシェイプアップに励んだ倖田來未さんです。

激太り後2か月で16㎏減!倖田來未の食事メニューと運動スリムになる方法のまとめ

倖田來未さんの驚くべき、産後シェイプアップ、-16㎏の減量について紹介してきました。

倖田來未さんのスリムになる方法を振り返ってみると、食事管理シェイプアップが中心ですね。

鍋やそうめん、玄米に豆乳、スルメなど小さな可能性を複合で取り入れることで、カロリーコントロールができたのでしょう。

2カ月間という短い期間の中で妥協のないプロ意識の高いシェイプアップは、とても参考になるのではないでしょうか?

産後のシェイプアップのお手本ともいうべき内容になる倖田來未さんの減量成功。

内容としてもお金がかからない身近でできる庶民的なスリムになる方法の寄せ集めになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です