【牛乳のカロリー】牛乳は太る!?豆乳やヨーグルトとカロリー糖質を比較

【牛乳のカロリー】牛乳は太る!?豆乳やヨーグルトとカロリー糖質を比較

手軽に豊富な栄養を摂取できる牛乳は、普段から飲む習慣があるという方も多いのでは?

しかし、シェイプアップ中にはできる限りカロリー摂取を抑えるべきであるため、シェイプアップに励む方には敬遠されがち。

でも、牛乳は本当に、シェイプアップ中に飲むべきではない飲み物なのでしょうか。

今回は、牛乳のカロリーや糖質について、またシェイプアップへのメリットや牛乳を飲んで太らない方法についてもご説明していきます。

シェイプアップ中にも牛乳を取り入れて、効率のよいシェイプアップをしていきましょう!

牛乳のカロリーと糖質

【牛乳のカロリー】牛乳は太る!?豆乳やヨーグルトとカロリー糖質を比較

さっそく、牛乳のカロリーと糖質についてみていきましょう。

一口に牛乳と言っても、濃厚牛乳や普通牛乳、生乳、低脂肪牛乳などさまざまな種類があるんです。

コップ一杯(200g)あたりの、それぞれの牛乳のカロリーと糖質を示しました。

コップ1杯(200g)あたり カロリー 糖質
濃厚牛乳 146kcal 10.4g
普通牛乳 134kcal 9.6g
生乳 132kcal 9.8g
コーヒー牛乳 112kcal 14.4g
フルーツ牛乳 92kcal 19.8g
低脂肪牛乳 92kcal 11.0g

一般的によく飲まれる普通牛乳は、カロリーが比較的に高めですが、糖質は最も低いですね。

「少しでもカロリー摂取を抑えたい!」という方は、脂肪分が少ないために低カロリーとなっている低脂肪牛乳を用いるのがよいでしょう。

牛乳のカロリーと糖質を他のタンパク質食品と比較

続いて、牛乳と他のタンパク質食品のカロリー・糖質を比較してみましょう。

牛乳と、牛乳同様に手軽に摂取できるタンパク質食品10種類のカロリーと糖質を、以下に示しました。

100gあたり カロリー 糖質
チーズ 339kcal 1.3g
納豆 200kcal 5.4g
魚肉ソーセージ 161kcal 12.6g
151kcal 0.3g
ちくわ 121kcal 13.5g
さしみ 117kcal 0.2g
サラダチキン 98kcal 0.8g
豆腐 72kcal 1.2g
普通牛乳 67kcal 4.8g
ヨーグルト 62kcal 4.9g
豆乳 46kcal 2.9g

牛乳は、手軽に摂取できるタンパク質食品の中で比較的にカロリーが低く、シェイプアップ向きであることがわかりますね。

糖質については低い方ではありませんが、タンパク質食品自体がそもそも、糖質がかなり低い食品であるため、食品全体としてみると気にするべき値ではありません。

牛乳のカロリーを消費するのに必要な運動量

牛乳を1杯(134kcal)飲んだ場合、どのくらい運動すればカロリーを消費できるのでしょうか。

男性と女性、それぞれにおいて必要な運動量を以下に示しました。

男性の場合

 

ショッピング 60分
ウォーキング 67分
ジョギング 27分
自転車 19分
水泳 17分
女性の場合

 

ショッピング 74分
ウォーキング 83分
ジョギング 36分
自転車 23分
水泳 21分

※一般平均の体型の場合の消費量なので個人差があります。

シェイプアップ中に牛乳を飲んでも大丈夫?3つのメリット

【牛乳のカロリー】牛乳は太る!?豆乳やヨーグルトとカロリー糖質を比較

牛乳をシェイプアップ中に飲んでもよいのかというと、答えはYESです!

すでにお伝えした通り、牛乳はタンパク質食品であるため糖質を多く含まず、さらに手軽に摂取できるタンパク質食品の中でも比較的にカロリーが低く、シェイプアップ向きな食品です。

さらに、牛乳には以下のようなシェイプアップへのメリットもあります。

  • タンパク質摂取で筋肉量の維持ができる
  • シェイプアップをサポートするカルシウムが摂取できる
  • 満腹感が得られやすい

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

牛乳のメリット①タンパク質摂取で筋肉量の維持ができる

牛乳は、タンパク質が豊富な食品。

タンパク質をしっかりと摂取することで、筋肉量を維持することができます。

シェイプアップ中は食事制限をする方が多いかと思いますが、食事全体の量が減ることでタンパク質摂取が不足になりがち。

タンパク質は、筋肉を構成する成分の一つであり、タンパク質摂取が不足すると筋肉量が減ってしまうかも。

筋肉量が減ると同時に、基礎代謝が落ちてしまい、痩せにくい体となってしまう可能性があるんです。

牛乳を飲むことで、タンパク質の摂取不足を防ぐことができ、痩せにくくなることの予防ができますよ!

牛乳のメリット②シェイプアップをサポートするカルシウムが摂取できる

牛乳には、タンパク質に加えてカルシウムも豊富に含まれています。

カルシウムは、骨を丈夫にする働きがよく知られていますが、実はシェイプアップをサポートする働きもあるんです。

体内に入ったカルシウムは、脂肪の分解を促したり、脂肪の合成を抑制したりします。

しかも、カルシウムには心を落ち着かせる作用もあるため、シェイプアップ中の不安定な心を安定させ、前向きにシェイプアップに取り組むことができるようにサポートしてくれるんです。

牛乳のメリット③満腹感が得られやすい

牛乳は消化に時間がかかる食品で、お腹にたまりやすい!

そのため、カロリーや糖質の割にしっかりと満腹感が得られます。

シェイプアップにおいては、カロリー・糖質摂取をいかに抑えて満腹感を得るかが重要となりますよね。

シェイプアップに積極的に活用するべきと言われている「きのこ」や「こんにゃく」などの食品は確かに低カロリーですが、腹持ちが悪く、お腹にたまりにくいのが悩みどころ。

このような食品ばかり食べていては、空腹感を強く感じて間食をとってしまったり、ストレスが大きくなったりしてシェイプアップが続かなくなってしまったりします。

牛乳はきのこやこんにゃくに比べればカロリーが高いですが、しっかりと満腹感が得られるため、シェイプアップにうまく取り入れると効率よくスリムになることができますよ!

太りたくない!牛乳を飲んでも太らない4つの方法

【牛乳のカロリー】牛乳は太る!?豆乳やヨーグルトとカロリー糖質を比較

牛乳を飲んで太らない方法①飲みすぎない

牛乳がシェイプアップによい影響をもたらしてくれることをお伝えしてきましたが、飲み過ぎには注意です。

いくらシェイプアップにメリットがあると言っても、飲み過ぎてしまってはカロリー・糖質を多く摂取することになり、太ってしまいます。

そのため、1日に何杯も飲むのではなく、1日1杯、多くとも2杯を目安に飲むようにしましょう。

そして、お腹が弱い方は、牛乳を無理に飲まないようにしてくださいね。

乳糖不耐症と言って、体質的に乳類が合わず、牛乳を飲むことでお腹を下してしまう方もいます。

乳糖不耐症の方が牛乳を飲む場合、量を少なめにして、少しずつ飲むようにしましょう。

牛乳を飲んで太らない方法②ホットで飲む

キンキンに冷たい牛乳は、体にしみてとっても美味しいですよね。夏場は特に、冷たい飲み物を飲みたいものです。

しかし、シェイプアップ中は極力、冷たいものは避けて温かいものを摂取するべき。

冷たいものを摂取すると内臓が冷え、体内から血流が悪化。代謝が低下して、痩せにくい体となりかねません。

そのため、シェイプアップ中に飲む牛乳は温めて飲むようにしましょう。

牛乳を飲んで太らない方法③飲むタイミングは食前or起床時

牛乳は、食前もしくは起床時に飲むのがおすすめ!

牛乳を食事の前に飲むことで、満腹感が得られて食事量を抑えることができます。

より効き目が大きいのは、食事の20分ほど前に飲むという方法。

牛乳を飲んでから、満腹感を感じるまでには20分程度の時間がかかるんです。

そのため、食前に牛乳を飲んでみようと考えている方は、20分ほど前になるように時間調整してくださいね。

また、起床時に飲むという方法では、胃腸の働きが活発となり、体内の老廃物を排出させることができます。

老廃物が排出されることで、代謝アップが期待できるため、朝一番に牛乳を飲むことは痩せやすい体づくりに役立つでしょう。

牛乳を飲んで太らない方法④きなこやココアパウダー、抹茶パウダーをプラスする

牛乳に、きなこやココアパウダー、抹茶パウダーをプラスして飲むことで、より美味しく、しかもシェイプアップへのメリットを大きくして飲むことができます。

この飲み方は、牛乳に苦手意識のある方や、長く飲み続けて飽きてしまった方に特におすすめ!

きなこやココアパウダー、抹茶パウダーなどの風味をプラスして飲むことで、また違った味わいとなり、美味しく飲むことができますよ♪

また、きなこには整腸作用があり、ココアパウダーや抹茶パウダーには代謝促進作用があるため、痩せやすい体づくりにも◎。

シェイプアップ中に牛乳を飲む際には、ぜひこのような飲み方も試してみてくださいね。

【牛乳のカロリー】牛乳は太る!?カロリーと糖質を豆乳やヨーグルトと比較のまとめ

今回は、牛乳のカロリーや糖質について、またシェイプアップへのメリットや牛乳を飲んで太らない方法についてご説明してきました。

牛乳は糖質を多く含まず、さらにタンパク質食品の中でもカロリーがかなり低く、シェイプアップ中に活用できる食品であることが分りましたね。

さらに、筋肉量維持に役立つタンパク質やシェイプアップをサポートするカルシウムが豊富であったり、満腹感が得られやすかったりする点も非常にありがたいです。

シェイプアップに励む方はぜひ、今回ご紹介した内容を参考に牛乳を活用して、効率よくシェイプアップしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です