お酒で太りたくない!飲み会でも太りにくいお酒の飲み方と食べ方

ダイエット中の飲み会でも太りにくいお酒の飲み方と食べ方は?

「カロリー抑制中なのに飲み会が続いて困る…」「飲み会で飲み過ぎ・食べ過ぎてしまう…」と悩む方は多いです。

社会人としては、飲み会の誘いはよくあることですし、避けることもできないですよね。

飲み会に参加して、「カロリー抑制中だから」といってお酒を飲まないのも気が引けますし、かと言って揚げものやカロリーの高いおつまみを食べるのも太る原因になります。

周りが楽しくお酒を飲んでいるのに、自分だけサラダばかりを食べるわけにもいかないので、どうすれば良いか困りますよね。

実は、飲み会は飲み方と食べ方を上手くコントロールすることで、体重の増加を予防することができるのです。

そこで今回は、カロリー抑制中に飲み会を上手く乗り切るための太りにくいお酒の飲み方や食べ方をご紹介しましょう。

飲み会が太る理由

飲み会で楽しい時間を過ごした翌朝に体重計に乗ってみると、体重が増えていてガーンと落ち込むことはよくありますよね。

特に、忘新年会など飲み会が続く時期は体重がどんどん増えてしまいがちです。

では、なぜ飲み会は太ってしまうのか原因をみていきましょう。

飲み会はお酒だけでなく、太りやすいおつまみが体重増加を加速させているのです。

特に、糖質と油、そして塩のコンビネーションは肥満になりやすいと言われています。

ファーストフードが太りやすいと言われているのは、フライドポテトは炭水化物の糖質、油で揚げるオイル、そして塩をふりかけるため、肥満の原因となるのです。

飲み会でのおつまみは、唐揚げや揚げ物がお多く、知らない間に炭水化物と油、そして塩分を多く摂取してしまうのです。

揚げ物系のおつまみとお酒の組み合わせは相性が良いので、どんどん進んでしまうため太りやすくなるというわけです。

楽しい雰囲気がシェイプアップを忘れさせる

飲み会は大勢でワイワイ盛り上がるため、楽しい雰囲気によってシェイプアップを忘れてしまうことがよくあります。

「今日はシェイプアップは休み」「シェイプアップは明日から」と言い訳をして、飲み過ぎ、食べ過ぎを加速させてしまうのです。

楽しい雰囲気の中では会話も弾むので、気がつけば通常の夕食の3倍以上のカロリーを摂っているということにも少なくありません。

食べ過ぎや飲み過ぎは良くないと分かっていても、「今日は特別」と言い訳してしまうことが、シェイプアップ失敗に繋がるのです。

そして、胃に入った食べ物が完全に消化されるのは4時間以上かかりますので、飲み会終了ギリギリまで飲んでいて帰宅後すぐに就寝すると、胃に固形物が残ったままになので、
翌朝の胃もたれが起こります。

飲み会では、飲み続けて食べ続けているため高血糖の状態が長時間続き、インスリンが過剰に分泌されて、脂肪細胞はどんどん溜められてしまうのです。

カロリー抑制中に太りにくいお酒の飲み方

飲み会は、楽しい雰囲気により飲み続けて食べ続けてしまうため、やはり太ってしまうことがわかりました。

では、太らないようにするためには、どんなお酒の飲み方をすれば良いでしょうか?

お酒には大きく分けて2つの種類があり、日本酒やワインなど「醸造酒」とウィスキーや焼酎、カクテルなどの「蒸留酒」があります。

「醸造酒」は原料に酵母が作用して自然な形で発酵されできたお酒で、「蒸留酒」はアルコール度数がとても高いお酒です。

よく日本酒はお米から作られて糖分が多いから太るけど、ウィスキーは糖分が少ないから太らないなど聞きますよね。

確かに、日本酒などの醸造酒のほうが糖質が多いのですが、ウィスキーなどの蒸留酒のほうがアルコール度数が高くカロリーは高めです。

つまり、カロリー抑制中に「太らないお酒」というのは残念ながらありません。

お酒と一緒におつまみを食べれば、さらに糖質とカロリーが増えて太りやすくなります。

アルコールと糖質は同じ肝臓で代謝されるのですが、アルコールと糖質が同時に入ってくると、有害なアルコールのほうを優先的に代謝するため、糖質は脂肪として蓄積されていくのです。

お酒の中の糖質量よりも、アルコールを飲むことによって糖質が代謝されなくなり脂肪になることに気をつける必要があります。

太りやすいお酒、太りにくいお酒と区別するよりも、飲みすぎると脂肪を溜め込みやすくなることを気をつけましょう。

飲み会のお酒のカロリー

飲み会の乾杯はたいていの場合は中ジョッキのビールですが、どれくらいのカロリーがあるのでしょうか?

中ジョッキだと500mlあたり200キロカロリーとなり、ご飯茶碗一杯分と同じくらいのカロリーになります。

つまり、中ジョッキを3杯飲めば、600キロカロリーになるため、成人の1食分の摂取目安カロリーをオーバーしてしまいます。

▼お酒のカロリー

お酒 カロリー
ビール中ジョッキ(500ml) 200kcal
赤ワイン(200ml) 170kcal
白ワイン(200ml) 160kcal
日本酒1合(180ml) 190kcal
日本酒1合(180ml) 190kcal
焼酎1合(180ml) 250kcal

お酒はどれもカロリーが高いことがわかります。そして、この他にもカクテルがありますが、甘いカクテルは糖分が多いため、どれもカロリー抑制中に太る原因となってしまいます。

飲み会で太りやすいお酒

数あるお酒の中でも太りやすいお酒は何があるでしょうか?飲み会では以下のお酒はなるべく避けましょう。

①ビール

アルコール以外に糖質、たんぱく質が含まれているビールなどの醸造酒は、焼酎などの蒸留酒に比べると太りやすいと言われています。

炭酸ガスや苦味のあるホップ成分には食欲増進メリットがありついつい飲みすぎてしまうため肥満に繋がりやすいのです。

②日本酒

日本酒は数あるお酒の中でも最も糖質の量が多く、太りやすいお酒と言われています。カロリー抑制中に日本酒を飲む際は、熱燗で体を冷やさないようにすると良いでしょう。

③ワイン

甘口のワインに含まれている残糖は、辛口のワインの10倍の糖の量が含まれていると言われています。そのため、カロリー抑制中にワインを飲む際は、甘口よりも辛口を選ぶようにしてください。

④梅酒・チューハイ・カクテル

梅酒・チューハイ・カクテルは、甘い果汁や砂糖シロップが多く含まれており、かなり糖質が高く太りやすいお酒なので避けたほうが良いです。

飲み会で太りにくいお酒

では、飲み会で太りにくいお酒はどんなものがあるでしょうか?

はじめのビールで乾杯のあとは、なるべく以下のお酒を選ぶようにしましょう。

①焼酎

焼酎などの蒸留酒には、ビールなどの醸造酒に含まれている糖質・たんぱく質などが含まれていませんので、比較的太りにくいお酒と言えます。

②ウイスキー・ブランデー

ウイスキー・ブランデーは、焼酎と同様に糖質などが含まれていないため太りにくいと言われています。

ウイスキー・ブランデーの香りには、脂肪の代謝を促すホルモンを増やしてくれる働きがあります。

③ウォッカ・ジン・テキーラ・ラム

ウォッカ・ジン・テキーラ・ラムとも蒸留酒
のためビールよりも太りにくいですが、度数が高くカロリーも高めですので、飲み過ぎには要注意です。

飲み会で太りにくい酒の飲み方

糖質が少ないお酒の方が太りにくいと分かりましたが、太りにくい飲み方はあるのでしょうか?

飲み会では、太らない飲み会をマスターしてシェイプアップをスマートに継続させましょう。

①大量に飲まない

お酒のカロリーは、含まれる糖質の量とアルコール度数で決まりますので、お酒の種類だけで太る・太りにくいと区別するのは困難です。

ビールや日本酒といった醸造酒よりも焼酎やウイスキーといった蒸留酒の方が、太りにくいと言われていますが、蒸留酒はアルコール度数が高いため、大量に摂取すると高カロリーになります。

つまり、太らないお酒は存在しませんので、
どんなお酒であっても適量に抑えるしか方法はないのです。

飲み会では楽しい雰囲気に合わせて飲みすぎてしまわないように、1〜2杯までにしておきましょう。

②割って飲む

水やお湯で割って飲めるお酒は、できるだけ薄めて飲むとカロリーを抑えられて太りにくくすることができます。

特に焼酎はお湯割りにすると、少しずつ飲むことができて、冷たいときよりもすすまないのでオススメの飲み方です。

③水をたくさん飲む

飲み会では、カロリーの高い食べ物や飲み物を長時間にわたって体に取り入れているため、高血糖の状態が続きます。

そして、アルコールには利尿作用があるので、お酒を飲むと体は水分不足になって、代謝が悪くなってしまうのです。

そのため、飲み会中はできるだけ水をたくさん飲むと太りにくくなります。

お酒を飲んでいるときは、お水、チェイサーまたはウーロン茶を頼みましょう。

飲み会の帰りには、500mlのペットボトルの水1本飲みながら帰ると、水分補給をすることで代謝が活性化して、むくみ予防や二日酔い予防にもなります。

カロリー抑制中に太らない食べ方

飲み会でのおつまみは、何を選べば太らないでしょうか?

揚げ物や高カロリーのものは控えて以下のことに気をつけましょう。

①おつまみはタンパク質を選ぶ

お酒と一緒にタンパク質を摂取すると、アルコールの解毒やカロリー代謝がスムーズになるためオススメ。

飲み方でおつまみを食べるのであれば、植物性タンパク質が豊富な豆腐やえだまめ、カロリーが低い刺身を選ぶようにしましょう。

お刺身は、酵素をたくさん含んでいてサポートになります。

イカやエビ、貝類は、低カロリーの上、アルコールの分解に必要なタンパク質も豊富に含んでいるためスリム向きです。

お酒のおつまみは塩分が多いのでむくみやすくなりますが、海藻を食べることでカリウムを摂取できるのでむくみ予防になります。

キノコは、ミネラル、ビタミンDなど、他の野菜では摂りにくい栄養素を豊富に含んでおり、食物繊維が多いためお腹の中で膨張するので満腹感もあるのでスリム向きです。

ビタミンやミネラルを多く含むサラダ、高タンパク・低脂肪なもの、塩分が少ないものも良いです。

②揚げ物・高カロリーのおつまみは避ける

避けるべきおつまみは、揚げだし豆腐、ポテトサラダ、唐揚げ、ソーセージ、手羽先、煮魚など、油分や糖分が多いものはNGです。

カロリー抑制中に食後のラーメンは、もちろん厳禁ですので避けましょう。

カロリー抑制中の飲み会のまとめ

今回は、カロリー抑制中の飲み方で、太りにくい飲み方と食べ方をご紹介しました。

基本的に「お酒は太るもの」と思って、飲みすぎないように気をつけなければなりません。

お酒と一緒に水を一緒に飲んで水分補給したり、タンパク質が多いおつまみを摂取してアルコールの解毒やカロリー代謝を促すと良いでしょう。

ぜひ、太らない飲み方と食べ方を実践して、飲み会シーズンでもシェイプアップを上手く乗り切りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です