塩抜きでスリムになる!?むくみ改善するためのやり方と注意点

むくみ改善には塩抜きダイエット!成功するやり方と注意点

現代は、カロリーや糖質を控えるシェイプアップが主流となっていますが、塩分も大切なキーポイントとなります。

私たちの体には、余分な塩分が溜まり、それが水分と合体してむくみに繋がっているのです。

「塩抜きシェイプアップ」とは、3日間だけ塩分を抜いて、体に溜まった塩分を体外へ排出させて、むくみや脂肪の燃焼を促進させるスリムになる方法。

むくみに悩む方ほど痩せやすいと言われている「塩抜きシェイプアップ」は、たった3日間で完結できるのも嬉しいポイント。

塩分の摂り過ぎは、むくんで太りやすいだけでなく、高血圧といった重大な病気の原因にもなるので注意が必要です。

そこで今回は、むくみに悩む方にオススメの「塩抜きシェイプアップ」のやり方と注意点をご紹介しましょう。

塩抜きシェイプアップとは

私達がよく食べる和食は、ヘルシーではありますが、味噌や醤油には塩分が多く含まれているため、塩分を摂り過ぎている人が多いと言われています。

WHO(世界保健機構)では、成人1日あたりの塩分の摂取量は5g以下にすべきとしていますが、厚生労働省が発表している塩分平均摂取量は、男性は約11g、女性は約10gとなっており、明らかに塩分過多ですよね。

塩分の多い食事は、体に水分が溜まるため、
血管が固くなり血流も悪くなり、栄養や酸素がしっかり運ばれなくなるのです。

塩分の多い食生活続けると、代謝が落ちるため、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

近年では、日本でも低塩や減塩を謳った商品が増えてきており、塩分の過剰摂取は健康にも良くないという考えが定着しています。

「塩抜きシェイプアップ」とは、3日間だけ塩を使わない食事をして、体内に溜まった余分な塩分を排出させて、むくみを改善して減量を目指す方法です。

塩抜きの食事をすると、体内に溜まっていた古い塩分と食品から摂取して溜まった脂肪の塊を体外へ排泄することができるのです。

体内に溜まっている塩分と一緒に、脂肪も溶かして排泄できるので、むくみがなくなりスッキリできると口コミでも話題になっています。

塩抜きシェイプアップはスリムになるの?

塩分の摂りすぎは、現代人の生活習慣病の原因のひとつと言われていて、健康面でも大きな影響を与えます。

塩分は生きる上で必要な栄養素ですが、余分に摂取すると、体内の塩分濃度が上がり、濃度を下げるために腎臓が水分を溜め込むのでむくみんでしまうのです。

血液は、酸素や栄養を体中に運ぶ働きをしているため、血流が悪くなってしまうと十分な栄養が体全体へ運ばれなくなるため、太りやすい体になってしまうのです。

塩抜きカロリー抑制をすると、体内の余分な水分が抜けるので、体重は減りますし、むくみを解消することができます。

塩分が多い食事は、食欲を増進させるので、塩抜きの食事に変えることで、食欲を減らして食べる量を減らすことができますよ。

塩分の摂りすぎは、細胞の老化を早めることになりますので、塩抜きはアンチエイジングにも良いので女性にオススメ。

血流が良くなり代謝が上がるので、脂肪を燃焼しやすい体質になりスッキリすることができるのです。

このスリムになる方法は、塩を抜く以外は食事は普段通りしても問題ないので、空腹によるストレスを感じることもなく、リバウンドの心配は少ないでしょう。

口コミによると、早い人で3日間で3キロの減量に成功する人もいるそうです。

塩抜きシェイプアップの方法&やり方

では、実際に塩抜きシェイプアップのやり方をみていきましょう。

①シェイプアップ期間の3日間

塩抜きシェイプアップの実施期間は、3日間だけの集中シェイプアップになります。

完全に塩を抜いた食事になりますので、外食することがないお休みの3日間に実施されると良いですね。

シェイプアップ期間の3日間は、外食・コンビニ弁当はなし、塩分を含んでいるお菓子や加工食品もNG。

もちろん、料理を作る時は、塩やしょう油、味噌といった塩分がある調味料の使用もNGです。

その他、カップラーメン、乾麺、パン、缶詰、ハム、ベーコン、漬物といった加工食品やスナック菓子は食べられません。

②野菜をたくさん食べる

体内の余分な塩分を体外へスムーズに排出させるために、カリウムを多く含む野菜や果物は積極的に摂取しましょう。

野菜や果物には、体内の水分の排出を促すカリウムが多く含まれていますので、野菜をメインに食べるようにしてください。

例えば、小松菜、パセリ、ほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリー、レンコン、トマト、キャベツ、白菜、大根、レタス、人参、ピーマン、玉ねぎが挙げられます。

これらの野菜にはカリウムが豊富に含まれているため、生や煮たり蒸して食べることで、体の中に溜まった塩分をガンガン排出してくれます。

果物ではスイカにカリウムが豊富に含まれており、スイカを食べるとお手洗いが近くなるのはカリウムによる作用です。

③水分を1日1.5~2リットル摂る

塩抜きシェイプアップでは、さらに体内の塩分を排出させるために水を1.5~2リットル飲みましょう。

スリム生活を始めたばかりの1日目〜2日目は、水を飲むとむくみが悪化したように感じるかもしれません。

しかし、その後にはゆっくりと体内の塩分濃度が低くなり、余分な水分が排出されて、むくみが解消されてスッキリするのが実感できるはず。

水が苦手な方は、利尿作用のあるお茶を飲んでも大丈夫ですので、しっかり水分をとることが大切です。

④シェイプアップ完了後も減塩を意識する

シェイプアップ終了後は、4日目からは普通の食事に戻しても大丈夫ですが、できるだけ減塩を意識しましょう。

塩の代わりになるオススメの調味料

塩を抜く料理は、意外と難しく、私達がいかに日頃の食事で塩を摂取しているか実感できます。

塩抜きシェイプアップは、醤油や味噌も使えませんので、ここからは、塩の変わりになる調味料をご紹介します。

塩の代わりになるオススメの調味料

・酢
・レモン汁
・生姜
・ニンニク
・香辛料

上記の材料を組み合わせて使うと良いでしょう。

また、上記の材料とヨーグルトを加えてドレッシングを作りサラダにかけたり、付け合せにするのもオススメ。

ヨーグルトを塩抜きメニューに加えれば、続けやすくなるので、積極的に活用しましょう。

塩抜きシェイプアップの太らないおすすめメニュー

塩抜きシェイプアップは、3日間は徹底的に塩を抜かなければならないと分かりましたが、実際にどんなメニューを作れば良いでしょうか?

塩抜きシェイプアップは、1日3食の食事をきちんと摂らなければいけません。

塩を完全に抜いた献立を全部で9食分考えなくてはならないのですが、素材の味を活かしたメニューを作れば、塩がなくてもおいしく食べることができますよ。

例えば、塩分なしの酢やレモン汁、昆布や魚のだし、胡椒などの香辛料、ニンニクや生姜などを活用しましょう。

昆布だしのスープで鶏肉とエビ、野菜やキノコを煮込めば、鶏肉やエビからもだしが出て、塩分がなくても美味しく食べることができます。

「野菜たっぷりのミネストローネスープ」も昆布だしを使えば、美味しく仕上がりますよ。

「クラムチャウダー」は、昆布だしとアサリのだしでしっかりした味を引き出せます。

魚や肉の場合は、牛乳や豆乳などを煮込んでスープや鍋にすると、良いダシが出て美味しくなるので試してみてください。

野菜を食べる時にドレッシングを使用することができませんが、ヨーグルトと酢と香辛料を合わせたオリジナルドレッシングを使えば、味がしっかりするのでオススメ。

塩抜きシェイプアップのデメリット&注意点

塩抜きシェイプアップは、必ず3日間で完結させるようにしてください。

人間は、生きていくうえである程度の塩分は必要ですので、長期間実践すると危険ですのでやめましょう。

体の塩分量が必要以上に少なくなると、意識障害を起こす恐れがありますので注意してください。

そして、汗をかきやすい夏場の時期や運動やトレーニング中は、塩分を失いやすいため、塩抜きシェイプアップは避けるようにしてください。

なるベく自宅でゆっくり休める連休などに継続して実践しましょう。

突然塩を抜く食事を作るのは、案外大変ですから、少しずつ減塩メニューに変えていき、体の調子に合わせて無理なく始めると安心ですね。

注意点としては、塩を使わなければ基本的に何を食べても大丈夫ですが、調味料の塩分は見逃さないようにしましょう。

例えば、醤油、味噌、ソース、ケチャップ、ドレッシング、市販されているダシ、ブイヨン、コンソメ、中華スープの素などは使うことができませんので、調理中にうっかり使わないようにしてください。

塩抜きシェイプアップでスリムになりたい!むくみ改善するためのやり方と注意点のまとめ

今回は、むくみ対策に役立つ塩抜きシェイプアップのやり方と注意点をご紹介しました。

塩抜きシェイプアップは、塩分の入ったお菓子、加工食品、調味料を徹底的に避けなければならないため、初めは味を感じられない方が多いようです。

塩の代わりにレモンや柑橘系を味付けに使用したり、野菜、きのこ類、魚介類、肉類といったダシの出やすいものを煮込んで使うと、塩なしでも美味しく仕上がりますよ。

塩抜きの食事に慣れてくると、体は薄味の減塩が美味しく感じるようになります。

塩抜きシェイプアップは、3日間だけの短期集中型のシェイプアップですから、成功率が高いのがメリット。

シェイプアップ終了後も減塩生活を続ければ、健康にも良いので、健康的にスリムになりたい方はぜひチャレンジして頂きたいですね。

ただし、塩分は生きる上で必要な成分の一つですから、全く摂らない食事を続けると危険ですので3日間のリミットを守ってください。

むくみに悩む方は、是非一度、塩抜きシェイプアップにチャレンジしてみることをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です