【塩レモンのカロリー】塩レモンのカロリー糖質とメリット注意点

塩レモンは痩せる?塩レモンダイエットの方法と注意点

塩レモンってご存知でしょうか?最近NHKなんかで紹介されてじわじわと知名度が上がってきている調味料。

酸っぱくてしょっぱい美味しいものなんですが、実はそれだけではありません。

実は塩レモンってシェイプアップ業界に現れた健康と美容に関して魔法の調味料なんです。

その美容メリットはまさに魔法。食べるだけで肌は綺麗になるし、美味しいしいいことづくめです。

ぜひ、あなたもこの機会に塩レモンの魔法にかかってみてください。きっと綺麗にほっそりになれるはずですから。

そこで今回は、塩レモンシェイプアップの方法や作り方、注意点などご紹介します。

塩レモンとは

塩レモンとは、もともとは北アフリカのモロッコで作られていたのが起源の調味料です。

モロッコ料理の鍋物には欠かせない調味料として知られていました。

それが、ヨーロッパに伝わり、スペインをはじめとした国で愛されるようになったというものです。

そんな塩レモンですが、単純に美味しいだけでなく、近年、そのメリットや美容メリットに注目が高まっているんですよ。

最近ではテレビで特集を組まれたりもしています。また、美容にいい塩レモンですが、長期保存も可能という取り回しの良さから、人気が沸騰してるんですよ。

塩レモンのカロリーと糖質

塩レモンの気になるカロリーや糖質は表の通りです。

糖質(グラム) カロリー(kcal)
塩レモン 1.5 7
0 0
お酢 2.4 25.1

塩レモンシェイプアップとは

塩レモンシェイプアップとは、塩やお酢の代わりに塩レモンを適量使用するというものです。

塩レモンは調味料です。使い方は塩やお酢の代わりに使うだけなので簡単です。

その一例を挙げるとするなら、ドレッシングにしようしたり、料理の下味に使用したりと使い方は無限大です。

あなたの料理の塩を塩レモンに変えるだけなので、汎用性が高いことが伺えますね。

塩レモンの味覚メリットはすさまじく、同じ量の塩を使用した場合でも、はるかに塩レモンの方が塩味を感じやすいので、減塩のメリットが期待できます。

また、お酢の代わりにも使用できるので、塩やお酢などの調味料のカロリーをカットすることもできるんです。

塩レモンのメリット

塩レモンのメリットは以下のようなものがあるんです。

クエン酸によって痩せやすくなる

塩レモンにはクエン酸が豊富に含まれていて、それがメリットを示すんです。

私たちの体にはエネルギーを使って体を動かす「クエン酸サイクル」という機構があるんですが、その材料としてクエン酸が使われます。

その材料であるクエン酸の原料として塩レモンは有効。

塩レモンのクエン酸により、エネルギー消費のしやすい体質になり、痩せやすい体になるんですよ。

減塩によるむくみ予防

塩レモンは減塩にもメリットがあり、むくみの予防にも有効だと知られています。

塩分の取りすぎは、むくみの原因になりますが、塩レモンは同じ塩味を感じる量でも、かなり塩の量を減らすことができるんですよ。

むくみを予防することで、見た目の面でほっそりしますので、メリットが期待できるというわけ。

唾液分泌によって消化吸収をよくする

さらに、塩レモンの唾液分泌も細くなるために有効だと最近の研究で明らかになってきています。

というのも、唾液には糖質の分解メリットがあり、消化吸収を効率化するメリットがあり、食事中に唾液をたくさん分泌するとメリットが期待できるんですよ。

リモネンによてコレステロールを減らしてくれる

また、レモンにはリモネンという物質が含まれていますが、このリモネンは血中コレステロールの量を減らすメリットがあります。

塩レモンを摂取することで、血中の余分なコレステロールが減少し、循環器系が健康になることで、メリットが期待できるのです。

まさにあらゆる面でシェイプアップにメリットな魔法の調味料といえるでしょう。

塩レモンの美容成分

また塩レモンはシェイプアップ以外にもたくさんの美容メリットがあります。

単純にスマートになるというだけでなく、様々な方向から綺麗になれる調味料なのですよ。

クエン酸によるアンチエイジング

クエン酸には肌を綺麗にするメリットがあるのは有名ですが、実はアンチエイジングのメリットが期待できます。

それはクエン酸の抗酸化メリットが由来するものですが、肌荒れやシワに有効な作用をもっているんです。

さらに疲労回復のメリットもあり、見た目にも疲れた表情ですと綺麗に見えませんよね。

そんな時、クエン酸をとることで疲労感を取り、健康な見た目になるというわけ。

エリオシトリン抗酸化作用

また、レモンポリフェノールであるエリオシトリンの美容メリットも無視できません。

このエリオシトリンも強い抗酸化作用があることで知られています。

この強力な抗酸化作用をもつエリオシトリンですが、柑橘系の中でもレモンとライムにしか含まれていません。

そういった意味合いでも塩レモンは最適な調味料と言えるでしょう。

ビタミンCによるシワやは肌荒れ防止

最後の有効な成分としては、やはりビタミンCでしょう。

抗酸化作用を持ち、アンチエイジングや疲労回復にメリットなだけでなく、コラーゲンの生成にも密接な関係があります。

ビタミンCの摂取はコラーゲンの生成を高めてくれて、シワや肌荒れも防止してくれるので、美容メリットはまさに最強。

クエン酸やエリオシトリン、ビタミンCなどの美容メリットが満点な塩レモンです。摂取すれば、ほっそりと綺麗な姿になれるでしょう。

塩レモンの作り方

塩レモンは市販品を購入することもできますが、手作りすることもできます。

やはり手作りでお安く済ませたいですよね。塩レモンの作り方は以下のような手順です。

準備するものはレモン500グラムと塩100グラム。最初にレモンをゴシゴシとこするように水で洗います。

輪切りか、くし切りにしたレモンを瓶につめて、塩をまぶし、その上にさらにレモンを積み重ねていきます。この方法で瓶を埋めて、あとは待つだけです。

この時、瓶を1日一回ひっくり返すようにしてください。あとは一ヶ月後に塩レモンは完成。

下準備として一ヶ月かかるので、すぐに欲しい場合は市販品を買った方がいいでしょう。

最初の一ヶ月は市販品、その後は手作りなんて使い方がおすすめの使い方です。

塩レモンの4つの注意点

塩レモンは使用時に注意点が4つあります。

使用量に注意

塩レモンはあくまで調味料です。減塩メリットはありますが、それでも塩分がありますので、使いすぎに注意です。

あまりにも使いすぎると、減塩メリットもメリットも実感できないでしょう。

食べ過ぎに注意

また、塩レモンを使用したからといって痩せない場合があります。それは単純に食べ物の食べ過ぎです。

「消費カロリー<摂取カロリー」になってしまえばスリムになることはできません。

いくら塩レモンが美味しくても食べる量には十分気をつけましょう。

使うレモンの農薬に注意

塩レモンは皮ごとつかいますので、農薬が皮についていると、農薬を摂取することになってしまいます。

そうならないために、農薬を使っていないレモンを使用するように気をつけてください。

どうしても無農薬が手に入らない場合はよく表面を洗うか、ある程度皮を削るという方法でも対応が可能です。

塩レモンはまさに万能調味料。サラダにもお肉料理にも合い家族にも好評です。

肝心の体重はまだ変化なしですが、生理前のむくみが緩和された気がします。無理なく続けていけるのでじっくりゆっくり取り組みます。

(20代・女性)

塩レモンは発酵食品なので、作ってから完成するまでに1カ月かかるそうです。

スーパーで売っているのを見たことないし、手に入れるには自分で作るしか方法がないみたい。

私は1カ月後にはもう痩せていたいので、塩レモンは却下です。

(20代・女性)

【塩レモンのカロリー】塩レモンのカロリー糖質とメリット注意点のまとめ

塩レモンはシェイプアップにメリットな魔法の調味料。使い方は塩の代わりに塩レモンを使うだけ。

注意点は無農薬レモンを使ったり、塩レモンを使いすぎたり、調子に乗って食べすぎたりに注意しましょう・・・という内容でした。

使い方さえ間違えなければ美味しい上にシェイプアップと美容メリットのある塩レモンです。正しく、使用して美味しく、綺麗にスリムになりましょうね。

きっとこの魔法の調味料はあなたに綺麗の魔法をかけてくれるでしょうから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です