【玉ねぎのカロリー】玉ねぎは太る!?ねぎやニラとカロリー糖質を比較

【玉ねぎのカロリー】玉ねぎは太る!?ねぎやニラとカロリー糖質を比較

カレーやハンバーグ、シチューなど、多くの料理に使える万能食材の玉ねぎ。

しかも野菜の中ではかなり保存が利く方で、家に常備しているという方も多いのでは?

ヘルシーなイメージが強いですが、実際のところカロリーや糖質はどれくらいなのでしょうか。

そこでスリミーでは、玉ねぎのカロリーと糖質について、また他の野菜とのカロリー・糖質比較や玉ねぎを食べることで得られるメリットをご紹介していきます。

また、玉ねぎを食べて太らない方法についてもチェックしていきましょう!

玉ねぎのカロリーと糖質

【玉ねぎのカロリー】玉ねぎは太る!?ねぎやニラとカロリー糖質を比較

さっそく、玉ねぎのカロリーと糖質について見ていきましょう。

それぞれの大きさ1個と角切り5個、1cm輪切り半分の玉ねぎのカロリーと糖質について、以下に記載しました。

玉ねぎ カロリー 糖質
小1個(150g) 56kcal 10.8g
中1個(200g) 74kcal 14.4g
大1個(270g) 100kcal 19.4g
角切り5個(7g) 3kcal 0.5g
1cm輪切り半分(25g) 9kcal 1.8g

玉ねぎを食べることで摂取するカロリーや糖質は、それほど多くないことがわかりますね。

玉ねぎのカロリーと糖質を他の野菜と比較

続いて、玉ねぎと他の野菜のカロリーと糖質を比較してみましょう。

玉ねぎを含めた31種類の野菜100gあたりの、カロリーと糖質について示し、カロリーが低い順に調べてみました。

100gあたり カロリー 糖質
チンゲンサイ 9kcal 0.8g
レタス 12kcal 1.7g
小松菜 14kcal 0.5g
もやし 14kcal 1.3g
白菜 14kcal 1.9g
きゅうり 14kcal 1.9g
クレソン 15kcal 0.0g
セロリ 15kcal 2.1g
ゴーヤ 17kcal 1.3g
大根 18kcal 2.7g
トマト 19kcal 3.7g
ほうれん草 20kcal 0.3g
にら 21kcal 1.3g
かいわれ大根 21kcal 1.4g
春菊 22kcal 0.7g
アスパラ 22kcal 2.1g
なす 22kcal 2.9g
ピーマン 22kcal 2.9g
水菜 23kcal 1.8g
キャベツ 23kcal 3.4g
オクラ 30kcal 1.6g
ブロッコリー 33kcal 0.8g
なばな 33kcal 1.6g
ねぎ 34kcal 5.8g
玉ねぎ 37kcal 7.2g
モロヘイヤ 38kcal 0.4g
にんじん 39kcal 6.5g
スナップえんどう 43kcal 7.4g
かぼちゃ 49kcal 8.1g
ごぼう 65kcal 9.7g
レンコン 66kcal 13.5g
とうもろこし 92kcal 13.8g
グリンピース 93kcal 7.6g
枝豆 135kcal 3.8g

玉ねぎは、野菜の中ではカロリー・糖質ともに比較的高い方であることがわかりますね。

ただし野菜自体が、かなり低カロリー低糖質ものが多いため、玉ねぎは食品全体で見ればカロリー・糖質ともに低い方だと言えるでしょう。

玉ねぎのカロリーを消費するのに必要な運動量

玉ねぎを小1個(56kcal)食べた場合、どのくらい運動すればカロリーを消費できるのでしょうか。

男性と女性、それぞれにおいて必要な運動量を記載しました。

男性の場合

 

ショッピング 25分
ウォーキング 28分
ジョギング 11分
自転車 8分
水泳 7分
女性の場合

 

ショッピング 31分
ウォーキング 34分
ジョギング 15分
自転車 10分
水泳 9分

※一般平均の体型の場合の消費量なので個人差があります。

運動をすることは、カロリーを消費するだけでなく筋肉量がアップして基礎代謝を上げることにもつながります。

基礎代謝が上がると、よりカロリー消費しやすい体となって、痩せやすくなれるんです♪

効率よく痩せたい方はぜひ、食事量を減らすことだけでなく運動をプラスすることも意識してみてください。

玉ねぎを食べても大丈夫?太らない?玉ねぎのメリット

玉ねぎを食べても太らないかというと、答えはYESです!

玉ねぎは野菜の中ではカロリーや糖質が低い方であるとは言えませんが、食品全体で見れば低カロリー低糖質であるため、食べることで太る心配は少ないです。

さらに、玉ねぎには以下のようなメリットがあります。

  • 硫化アリルがビタミンB1の吸収をサポート
  • 硫化アリルが血流を促進
  • ケルセチンやビタミンCで抗酸化作用が得られる
  • シクロアリインが中性脂肪を減らす
  • 2種類の食物繊維が摂れる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

玉ねぎのメリット① 硫化アリルがビタミンB1の吸収をサポート

玉ねぎを切ったときに発生する刺激臭の原因は硫化アリル(アリシン)です。

硫化アリルには、糖質の代謝に関わるビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。

ビタミンB1の摂取量が不足すると、糖質のエネルギー変換が滞り、脂肪として蓄積されやすくなってしまうのです。

そのため、玉ねぎを食べることでビタミンB1が効率よく吸収されるようになり、体内に取り入れた糖質をスムーズにエネルギー変換してカロリー消費できるようになります。

玉ねぎのメリット②硫化アリルが血流を促進

【玉ねぎのカロリー】玉ねぎは太る!?ねぎやニラとカロリー糖質を比較

玉ねぎに含まれる硫化アリルには、ビタミンB1の吸収をサポートする働きに加えて、血液が固まるのを抑える作用もあります。

そのため、玉ねぎを食べることで血流が改善されて、代謝がアップすることが期待できるんです。

代謝が上がれば、エネルギー消費しやすい、痩せやすい体となります。

また血流を改善することは、生活習慣を防ぐことにもつながりますよ!

玉ねぎのメリット③ケルセチンやビタミンCで抗酸化作用が得られる

玉ねぎには、美肌づくりによいとされるビタミンCや、苦味が特徴のケルセチンというフラボノイドも含まれています。

ビタミンCとケルセチンはどちらも、抗酸化作用をもつ成分。

抗酸化作用を得ることで、体をサビさせる「活性酸素」が除去され、体のめぐりがよくなって代謝がアップ!

ケルセチンは特に抗酸化作用が高く、代謝が悪いと感じている方は玉ねぎを食べるのがおすすめですよ♪

玉ねぎのメリット④シクロアリインが中性脂肪を減らす

【玉ねぎのカロリー】玉ねぎは太る!?ねぎやニラとカロリー糖質を比較

シクロアリインは、玉ねぎに含まれる含硫化合物の一種。

シクロアリインには、血液中の中性脂肪を低下させる作用があります。

中性脂肪は食事から摂取した糖質や脂質などがエネルギー消費されずに余った分から肝臓で合成されるもの。

この中性脂肪が血液中に流れ、体脂肪をつくる脂肪細胞に蓄えられて皮下脂肪や内臓脂肪などになります。

そのため、玉ねぎを食べてシクロアイリンを摂取することで、脂肪合成を抑えられる期待ができるんです。

玉ねぎのメリット⑤2種類の食物繊維が摂れる

玉ねぎには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維という2種類の食物繊維が含まれています。

水溶性食物繊維

粘り気があるために、胃や腸の中をゆっくりと移動して満腹感を与えてくれます。

さらに、糖質の吸収を抑える働きもあり、血糖値上昇が抑制されて脂肪蓄積を防ぐことが可能です。

不溶性食物繊維

胃や腸で水分を吸収して大きくふくらみ、腸壁を刺激。

腸の動きを活発化して、お通じをよくしてくれます。

お通じがよくなって老廃物が排泄されれば、代謝がアップして痩せやすい体を手に入れることができます。

太りたくない!玉ねぎを食べても太らない2つの方法

【玉ねぎのカロリー】玉ねぎは太る!?ねぎやニラとカロリー糖質を比較

玉ねぎを食べる際には、太らない工夫をして食べることでさらに、玉ねぎのメリットを得られやすくなります。

そこで太りたくない人のために、玉ねぎを食べても太らない方法を2つご紹介していきます。

  • 生で食べる
  • 酢玉ねぎにして食べる

それぞれの方法ついて、詳しく見ていきましょう。

太らない方法①生で食べる

ビタミンB1の吸収をサポートしたり、血流を促進したりする働きのある硫化アリルは熱に弱く、生で食べたときにのみ効力を発揮します。

そのため、玉ねぎはなるべく生で食べるようにしましょう。

サラダやマリネなどの料理にするのがおすすめですよ!

生の玉ねぎは辛味が強くて苦手だという方は、多少水にさらしてもよいですが、水にさらす時間が長いと硫化アリルが流出してしまうため、ほどほどにしましょう。

太らない方法② 酢玉ねぎにして食べる

玉ねぎは、酢に漬けて「酢玉ねぎ」として食べるのもおすすめです。

酢には、酢酸やクエン酸といった有機酸が豊富。

これらの有機酸は、脂肪分解や脂肪燃焼を助ける働きをするため、脂肪を減らすことに役立つと考えられています。

さらに、酢は血液をサラサラにして代謝をよくすることや血糖値上昇を抑制して脂肪を蓄えにくくすること、また、利尿作用でむくみを解消するといった働きも。

酢を摂取することは、肥満予防に大きく役立つことが期待できます。

【玉ねぎのカロリー】玉ねぎは太る!?ねぎやニラとカロリー糖質を比較のまとめ

【玉ねぎのカロリー】玉ねぎは太る!?ねぎやニラとカロリー糖質を比較

今回は、玉ねぎのカロリーと糖質について、また他の野菜との比較や玉ねぎを食べることで得られるメリット、太らない食べ方などについてご紹介してきました。

玉ねぎは野菜の中ではカロリーや糖質が低い方ではありませんが、食品全体で見れば低カロリー低糖質であるため、食べることで太る心配はないと言えますね。

また、硫化アリルやケルセチン、ビタミンC、シクロアリイン、食物繊維などの体によい影響をもたらす成分がたっぷりと含まれているため、キレイに痩せたいと考えている方は積極的に活用するべきです。

今回ご紹介した太らない方法も参考に、玉ねぎの食べ方を工夫してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です