【帳消しダイエット】食べたものを帳消しにしてスリムになる正しいやり方と注意点

帳消しダイエットで痩せる!正しいやり方と注意点

シェイプアップと言えば、辛い食事制限が付きものですから、空腹との戦いに耐えきれずにいつか爆発して、食べすぎてしまうことがあります。

スリムになりたいためにシェイプアップをしたのに、リバウンドしても元の体重よりも太ってしまったら、自己嫌悪になってしまいますよね。

そんなシェイプアップ失敗続きの方にオススメしたいのが「帳消しシェイプアップ」!

「帳消しシェイプアップ」とは、食べ物の組み合わせを工夫して食べることにより、食べ過ぎをリセットしてくれるという頼もしいスリムになる方法です。

現代はストレス社会ですから、カロリー抑制中につい食べ過ぎてしまうこともあります。

そんなときに、「帳消しシェイプアップ」をすれば、太る要素となっている栄養素を他の食材が帳消しにしてくれるというわけ。

帳消しシェイプアップは、辛い食事制限やハードなトレーニングは不要です。

ある食材と組み合わせて食べ過ぎをリセットにしてくれるというシンプルなスリムになる方法にチャレンジしてみませんか?

今回は、今口コミでも話題の帳消しシェイプアップをご紹介しましょう。

帳消しシェイプアップとは?

帳消しシェイプアップとは、管理栄養士で食事カウンセラーとして活躍中の伊達友美先生が提案しているスリムになる方法です。

帳消しシェイプアップの関連本として「夜中にラーメンを食べても太らない技術」「食べてキレイにスマートになる!」「食べ合わせでキレイにスマートになる!」などがあります。

帳消しシェイプアップは、食べ過ぎてしまったときに、ある食材と組み合わせて食べることで代謝をスムーズにして、食べ過ぎをリセットにしてくれるというやり方です。

注意したいのは、食べたもののカロリーをすべて無かったことにするという意味ではありません。

すでに体についてしまった無駄なぜい肉は、頑張って有酸素運動をして落とす必要があります。

帳消しシェイプアップのメリットは、我慢せずに好きなものを食べながら、簡単に痩せやすくすることを目的としています。

そのため、空腹感との戦いや食べたいのに食べられないストレスを感じることもないので、リバウンドもほとんどありません。

帳消しシェイプアップと有酸素運動を組み合わせると早くシェイプアップの成果を出すことができるでしょう。

帳消しシェイプアップはスリムになるの?

帳消しシェイプアップは、食事制限がないため好きなものを食べながらシェイプアップを続けることができます。

では、なぜそれだけで痩せられるのかをみていきましょう。

人間の体は、炭水化物(糖質)と脂質とタンパク質を取り過ぎると体に無駄な脂肪が付いて肥満になります。

しかし、すぐに体脂肪になるわけではなく、体脂肪になるには時間がかかるのです。

食べ物を摂取してから体脂肪になる時間は、脂質は約12時間、炭水化物とタンパク質は24~48時間と言われています。

つまり、食べたものが脂肪に変わる前にリセットしてしまえば、太らなくなるというわけです。

時間内に食べ物をリセットすれば、どんな高カロリーな料理でも太りにくくなりスリムになることができるのです。

帳消しシェイプアップに向いている人・不向きの人

帳消しシェイプアップは、食べてスリムになるスリムになる方法なので、普段からバランスの良い食生活をされている方や健康な食事ができている方は、逆に太ってしまうケースがあります。

帳消しシェイプアップを実践してスリムになるタイプの方は、無理なシェイプアップを繰り返して失敗し続けている方、代謝が落ちて痩せにくい方、腸内環境が乱れてお通じの悪さがちな方が挙げられます。

これらの方は、帳消しシェイプアップによりビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維、糖質など
を摂取できて痩せやすい体質になることができるのです。

帳消しシェイプアップのやり方

帳消しシェイプアップは、食材や料理の組み合わせにより食べ過ぎをリセットすることができます。

組み合わせにはいくつかありますが、ここからはテレビでも紹介された代表的な6つの組み合わせの食事メニューを食べ方と一緒にご紹介しましょう。

1. 焼肉+ブラックコーヒー

焼き肉は、飽和脂肪酸が体脂肪のもとになりやすく、食べ過ぎると皮下脂肪や内臓脂肪などの原因になると言われています。

そこで、ブラックコーヒーに含まれるメラノイジンにより、脂肪を抑えて体外へ排出することができるのです。

焼肉を食べた後はブラックコーヒーを飲むと食べ過ぎた脂っこい肉をスッキリリセットできますのでオススメ。

ただし、どんなにブラックコーヒーを飲んでも食べ放題の焼き肉などで極端に多くの脂身を食べれば、リセットは難しくなります。

食べ過ぎにも程がありますので、焼肉を食べるときは、赤身肉から焼いて脂肪分を取りすぎないように気をつけてください。

コーヒーも1日3杯までは体に良いと言われていますが、飲みすぎるとカフェインの取り過ぎになるので注意しましょう。

2. パスタ+リンゴジュース

パスタは小麦粉から作られているため糖質量が多く太りやすいと言われていますが、リンゴジュースを飲むことで、帳消しすることができます。

リンゴジュースには、アップルペクチン(水溶性食物繊維)という成分が含まれており、善玉菌のエサとなるので善玉菌が繁殖して、糖の吸収を抑えるのです。

そして、リンゴジュースに含まれるオスモチンという成分は、インスリンのような働きを持ち血糖値の上昇を抑えてくれます。

ただし、パスタをリンゴジュースで帳消しするポイントは、果汁100%のリンゴジュースでなければ期待できません。

アップルペクチンは、リンゴの果実には含まれてますが、市販のリンゴジュースには微量しか含まれていないこことがわかっています。

市販のリンゴジュースを飲むよりも、果実のリンゴを食べれば、食物繊維やビタミンやミネラルも豊富に摂取できて余分な糖分をおさえることができるのでオススメです。

リンゴの皮には、アップルペクチンやオスモチンなどの栄養成分が豊富に含まれているため、皮ごとすりおろしたり、まるごと食べると脂肪燃焼に役立つでしょう。

3.ハンバーグ+大根おろし

ハンバーグと大根おろしの組み合わせは「和風ハンバーグ」として既にあるメニューですが、帳消しできる組み合わせになります。

ハンバーグに使われるひき肉には脂身が多く含まれていますが、大根おろしに含まれるタンパク質分解酵素の「プロテアーゼ」と脂肪分解酵素の「リパーゼ」と一緒に食べれば帳消しできるのです。

大根おろしはミネラルと食物繊維が豊富なので、肉から摂取した余分な脂質の排出を促進させることもできます。

そして、大根おろしに含まれる酵素、食物繊維やミネラル、ビタミンによって、ひき肉に含まれる脂質の吸収をおさえてくれるため、脂肪が付きにくくなります。

大根おろしは、1人前(約60g)を食べても
炭水化物量(糖質量)は2.4gしかないため、
カロリー抑制中にたくさん摂取しても大丈夫。

ハンバーグは大根おろしと一緒に食べることで、食べ過ぎをリセットすることができるので試してみてください。

4. お好み焼き+グレープフルーツジュース

お好み焼きは炭水化物がメインなのでそのままま食べると太りやすい食べ物と言えます。

しかし、お好み焼きをグレープフルーツジュースと一緒に組み合わせれば、イノシトールが働いて糖質を体外へ排出してくれるのです。

グレープフルーツジュースはイノシトールの他にもビタミンやミネラルなどが含まれているため、栄養バランスが良くなり、脂肪燃焼に働きかけることが可能です。

ただし、お好み焼きとグレープフルーツジュースは、どちらも糖質が多いため、コップ1杯までにしておきましょう。

5. ラーメン+チャーシュー+バナナ

ラーメンとチャーシューはよくある組み合わせですが、そこにバナナが加わると帳消しメニューになります。

ラーメンとチャーシューは炭水化物とタンパク質の組み合わせですが、バナナも一緒に食べることで、カリウムにより余分な塩分を体外へ排出してデトックスできるというわけです。

なんとバナナ1本でラーメン1杯分の大量の塩分をデトックスできるとも言われています。

ラーメンのスープを飲み干しても、バナナを1本食べれば、塩分を体の外に排出してくれるためリセットしてくれるというわけです。

バナナはカリウムだけでなく、食物繊維とビタミンB2が含まれており脂肪燃焼サポートにも役立ちます。

ただし、バナナを食べるタイミングは食後がベストなので、食後のデザート感覚で食べると良いでしょう。

6. ホットドック+プルーン

ホットドッグは、炭水化物と脂質がメインの太りやすい食べ物です。

ホットドッグには、食物繊維とアントシアニンが豊富なプルーンと一緒に食べることで、 脂質の吸収を抑えて太りにくくなります。

プルーンには食物繊維、鉄分、アントシアニンなどのミネラルやビタミンがバランスよく含まれているため、栄養バランスも良くなるのです。

ただし、プルーンは50%は炭水化物(糖質)でできているため、2、3粒までに抑えて食べると良いです。

帳消しシェイプアップの口コミ

焼肉を食べたあとにブラックコーヒーを飲むと、エネルギー消費がアップするそう。

焼肉好きの私は、早速取り入れるようにしました。

もちろんそれで体重は減るということではないけれど、大好きな焼肉をしっかり食べながらも体重が増えてこないのは、食後のブラックコーヒーのおかげかも知れません。

(30代・女性)

帳消しシェイプアップって、これを食べたからスリムになるというわけではないようです。

それにこれにはこれ、これにはこれ、といちいち食べ合わせのルールを覚えるのも、わざわざその食材を用意するのも面倒。

そんな大変な思いをするなら、はじめから食べないでせっせと普通にシェイプアップしたいと思います。

(20代・女性)

帳消しシェイプアップのまとめ

今回は、口コミで話題になっている帳消しシェイプアップのやり方と食べ合わせのメニューをご紹介しました。

帳消しシェイプアップは、料理や食材を組み合わせるだけで食べ過ぎをリセットしてくれる便利な方法です。

管理栄養士の食事カウンセラーの監修に基づいたスリムになる方法なので、成功者が多いのもオススメできるポイント。

ちょっとした工夫と組み合わせで、食べ過ぎをリセットして脂肪を付きにくくしてくれるので覚えておくと便利ですね。

今回ご紹介した代表的な組み合わせは、太りにくくカロリー抑制中に役立つので、これをきっかけにぜひ一度試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です