【お酢でスリム】お酢の嬉しい8つのメリットと正しい飲み方

お酢ダイエット

シェイプアップしてスリムになりたいけど、厳しい食事制限やキツイ運動は苦手…という方の間でカンタン「お酢シェイプアップ」が話題になっています。

疲れたときに酸っぱいお酢やレモンといった酸味のあるものを食べると、疲れが取れて体がリフレッシュされますよね。

お酢シェイプアップは、毎日正しい飲み方をするだけで、特別な食事制限や運動をしなくてもラクラクスリムになることができるカンタンスリムになる方法です。

お酢は近くのスーパーで手軽に購入することができますので、今すぐに始めることができます。

そこで今回は、お酢シェイプアップの嬉しい8つのメリットと正しい飲み方をご紹介しましょう。

お酢シェイプアップとは

お酢シェイプアップとは、お酢の主成分である酢酸を体内に取り入れて、体内の状態を弱アルカリ性に保つことで、痩せやすい体質になれるスリムになる方法です。

お酢には多くの種類があり、穀物酢・米酢・リンゴ酢・米黒酢などが挙げられます。

味はそれぞれに特徴があり、りんごなどの果物が入ったお酢は、フルーティーでまろやかな風味で飲みやすくなっています。

お酢には、身体に欠かせない必須アミノ酸のアラニン・リジン・プロリン・アルギニンといった脂肪を燃焼させる働きのある成分が含まれています。

お酢は、穀物や果物をアルコール発酵させて、さらに酢酸発酵させて作られているため、飲んだ時に酢酸がツンとした刺激を与えます。

お酢シェイプアップは、「クエン酸サイクル」を効率的に体内に回すことで、脂肪燃焼作用を高めていきます。

クエン酸サイクルとは

お酢は、アミノ酸とクエン酸の2成分の働きにより体内の脂肪を分解してエネルギーに変えられます。

①アミノ酸

私達の体の機能を働かせているアミノ酸は、脂肪を分解するリパーゼという酵素の働きを助けてカロリー抑制中に役立ちます。

②クエン酸

クエン酸は、リパーゼによって分解された脂肪をクエン酸サイクルという代謝サイクルに組み込んで、脂肪燃焼を促進させます。

このクエン酸サイクルを活発化するには、体内に酸素が必要なので、有酸素運動の前にお酢を摂取すると、さらに脂肪分解とエネルギー燃焼メリットが期待できます。

お酢を飲むタイミングは、基本的に空腹を避けて1日に3回、毎食後に10ml程度を飲み続けます。

毎日お酢を飲み続ける習慣が付けば、太りにくく痩せやすい体質に導いてくれるのです。

お酢シェイプアップはスリムになるの?

お酢を飲むと、体内にクエン酸が入り、弱アルカリ性の状態に保たれるため、余分な水分や老廃物が体外へ排出されて、太りにくくなります。

通常は、食事をすると血糖値が急激に上昇して、体内の余分な糖は脂肪に変わるのですが、お酢に含まれるクエン酸が血糖値の上昇を緩やにするので肥満を予防してくれるのです。

さらに、お酢には抗酸化作用があり、クエン酸回路が活性化されて、疲労時に溜まる活性酸素を除去して、疲労回復にも役立ちます。

お酢が内臓脂肪の減少を促してくれるメリットは、科学的に実証されています。

1日あたり15mlのお酢を朝晩2回に分けて飲み続ける実験をしたところ、内臓脂肪が減少して、お腹まわりがサイズダウンするという結果が出たのです。

お酢を飲むのを止めるとまた体重が戻ったことから、お酢を摂取し続けている間は、メリットが得られることがわかりました。

お酢を飲むと内臓脂肪が減る理由は、酢酸が変化したクエン酸が、肝臓の酵素を活性化させるためです。

酵素が活性化されると、肝臓での脂肪の代謝が高まるので、内臓脂肪が減少していくのです。

お酢を摂取すると、血糖値の急上昇によるインスリンの過剰分泌を予防して、体脂肪の蓄積を抑えてくれる作用もあります。

以上の理由から、お酢シェイプアップはお酢を飲むだけでスリムになると言われているのです。

お酢シェイプアップの嬉しい8つのメリット

ここからは、お酢カロリー抑制をすると嬉しい8つのメリットをみていきましょう。

①有機酸が脂肪を分解・燃焼する

お酢のツンとした酸味は酢酸やクエン酸によるものですが、その他にも70種類以上の有機酸が含まれています。有機酸は脂肪の分解や燃焼をサポートするのでカロリー抑制中に役立ちます。

加齢や生活習慣による内臓脂肪もお酢に含まれる有機酸によって、内臓脂肪を減少させる働きがある確認されています。

②運動の効率アップ

お酢は、筋肉の元になるタンパク質の原料となるアミノ酸が豊富に含まれており、運動の前に摂取すると脂肪燃焼サポートをアップしてくれるのです。有酸素運動の前に摂取すると、運動の効率アップに役立ちます。

③体の巡りの良くする

血液をサラサラにして、お酢には血流を良くして流れを整えるため、体の隅々まで酸素が行き渡るようになり、脂肪燃焼作用も高まります。

④血糖値の上昇を緩やかにする

通常は、食後に血糖値が急上昇するため、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンが過剰に分泌されると肥満の原因となります。

お酢は血糖値の上昇を緩やかにするため、インスリンの分泌を抑えて、身体に脂肪を蓄えるのを予防してくれるのです。

⑤お通じの悪さ解消に役立つ

お酢のツンとした酢酸やクエン酸は腸内環境を整えるのにも役立ちます。

腸内環境を整えられて善玉菌の働きが活発になれば、体内の老廃物が排出されて、腸の中がスッキリしてお通じの悪さ解消に役立ちます。

⑥むくみ解消に役立つ

お酢には利尿作用があり、体内の余分な水分や塩分を体外へ排出してむくみを解消し、太りにくい体になります。

⑦代謝アップ

お酢に含まれるアミノ酸やクエン酸は、疲労回復を早くして、基礎代謝をアップします。基礎代謝が上がれば痩せやすい体質へ近づきます。

⑧カルシウムの吸収率アップ

カルシウムは脂肪の吸収を抑えてカロリー抑制中に役立つ働きがあります。しかし、カルシウムやマグネシウムといったミネラルは体になかなか吸収されにくい栄養素なのです、

お酢には、ミネラルを体に吸収しやすいようにする働きのキレート作用があり、カルシウムの吸収率をアップしてくれます。

そのためカルシウムとお酢を一緒に摂取すると、脂肪吸収を抑える作用がさらにアップします。

お酢シェイプアップのやり方

お酢シェイプアップは脂肪燃焼や減量サポートに有効であるとわかりました。

ここからは、お酢シェイプアップのやり方をご紹介していきます。

①お酢は1日に30ml飲む

シェイプアップ目的のためにお酢を飲む場合、1日に30mlのお酢を1回に10mlずつ、3回に分けて摂取していきます。

お酢を飲み慣れていない方やお酢が苦手な方は、1日あたり15mlのお酢を朝晩2回に分けても問題ありません。

お酢15~30mlは、大さじ1~2杯になりますので、この分量を毎日摂取しましょう。

②お酢の摂取は食事中または食後

お酢を摂取するタイミングは、食事中または食後です。お酢に含まれるクエン酸が血糖値の急上昇を抑制して、血中コレステロールの合成を抑えてくれます。

食前や食事中にお酢を飲むと、食欲を増してしまうため避けるようにしてください。

③カロリーは気にしない

お酢はカロリーは4kcalから7kcalしかないため、カロリー抑制中でも気にする程ではありません。

お酢のカロリー(大さじ1当たり)

・米酢:7kcal
・リンゴ酢:4kcal
・黒酢:7kcal

お酢を飲んでもカロリーオーバーになる心配はありませんので、カロリーは気にせずに毎日摂取し続けましょう。

お酢シェイプアップにオススメのお酢は?

スーパーには多くの種類のお酢があるため、お酢細くなるためにどれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。

お酢シェイプアップは、基本的に何を選んでも良いので、自分が毎日続けやすいお酢を見つけることがポイントです。

では、いくつか飲みやすくお酢シェイプアップにオススメのお酢をご紹介しましょう。

①リンゴ酢

初めてお酢カロリー抑制をするなら、フルーティーで飲みやすいリンゴ酢がおススメ。

原料はリンゴの果汁から作られているので、味や香りもフルーティーで飲みやすいのが特徴です。

食後に飲めば血糖値の上昇を抑えて、痩せやすい体質に導いてくれます。

②もろみ酢

もろみ酢とは、沖縄の名産品の泡盛を醸造する時に出たもろみから作られたお酢です。

もろみ酢には、クエン酸が豊富に含まれており、脂肪の代謝を助けてエネルギーを効率的に作り出すためシェイプアップに適しています。

味はまろやかでツンとした香りが少なくて飲みやすいのでオススメ。

酢シェイプアップの注意点

お酢シェイプアップは、基本的にお酢を飲むだけのカンタンなスリムになる方法です。

しかし、お酢は酸味の刺激が強い食品のため、いくつか注意点があります。

①空腹時には飲まない

お酢シェイプアップは、飲むタイミングが大事ですので、食後または食事中に飲むようにしてください。

空腹時に飲むとお酢の成分である酢酸が胃を傷めてしまうこともあるので避けてください。必ず胃に食べ物がある状態でお酢を摂取するようにしてしてください。

②数回に分けて飲む

お酢は1日15~30mlを摂取しますが、1度に摂るよりも数回に分けて取った方が脂肪燃焼作用が働きます。

③糖分の多いお酢ドリンクは避ける

最近では飲みやすい「お酢ドリンク」が増えてきています。「お酢ドリンク」は「お酢」と異なり、砂糖や果糖ブドウ液糖が添加されているのでシェイプアップには避けた方が良いです。

④濃度の高いお酢は希釈する

濃度の高いお酢を原液のまま飲むと、胃や食道に刺激が強く与えすぎてしまいます。必要に応じて10倍くらいに薄めて飲むようにしましょう。

お酢シェイプアップの口コミ

はじめは夏バテによいと聞いてリンゴ酢を飲み始めました。お風呂上りに一杯飲んでいます。

夏バテはもちろん、気のせいか少しスリムになった気がして調べたら、お酢はシェイプアップにもよいとのこと。

俄然やる気が湧いてきて、今自家製のキウイ&レモン酢を仕込んでいるところです。

(30代・女性)

酸っぱい食べ物は苦手ですが、飲むだけで痩せられるというので、試しに酢を飲んでみました。

酢のなかでもまろやかだという黒酢にしましたが、むせてしまいました。

炭酸水に混ぜたり、ハチミツを加えたりと試行錯誤しましたが、自分には向いていないと早々にあきらめました。

(20代・女性)

酢シェイプアップ・まとめ

今回は、お酢シェイプアップの8つのメリットとやり方をご紹介しました。

お酢シェイプアップは、特に厳しい食事制限やキツイ運動をしなくてもお酢を飲むだけで痩せられるというカンタンシェイプアップです。

カロリー抑制中ですから、食べ過ぎや飲み過ぎは控えるようにして、適度な運動も取り入れれば、お酢の力でスリムになる体質に近づくことができます。

今までどんなスリムになる方法をトライしても続かなかった…という方は、ぜひお酢シェイプアップにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

お酢には、食欲を増進する作用もありますので、くれぐれも飲む分量を守って継続しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です