【ワイルドライスのカロリー】ワイルドライスのカロリー糖質と食べ方やメリット

ワイルドライスダイエットとは?やり方と痩せる食べ方をご紹介

「ワイルドライス」は美容やシェイプアップに詳しい人の中で、シェイプアップにいいと話題となっている食材。

日本ではまだスーパーで見られることはありませんが、欧米では欧米で古くから食べられており、定番のヘルシーフードのひとつです。

ワイルドライスは、玄米よりも栄養価が高く色んな食べ方ができるため、シェイプアップ食に向いています。

そして、ワイルドライスは美容に良い成分が多く含まれているため、女性に嬉しいメリットがたくさんあるのです。

そんなワイルドライスですが、どのように食べればカロリー抑制中に役立つのでしょうか?

今回は、ワイルドライスのカロリー糖質、オススメの食べ方を紹介します。

ワイルドライスとは?

「ワイルドライス」とは、聞き慣れない名前ですが、イネ科マコモ属の種子で、水田で栽培される稲の仲間です。

北米の河川敷によく自生しており、稲よりも巨大で背丈が2m以上になるのが特徴です。

現在日本で販売されているものは、北米から輸入されているものがほとんど。

ワイルドライスは、ヘルシーフードとして欧米での注目度が高く、セレブ達からも愛用しされている話題の食べ物です。

主食として玄米の代わりに食べたり、人気のレストランではサラダにも入っています。

もともとワイルドライスは、アメリカ先住民にとって、恒例の祭りや儀式に供される神聖な食材でした。

最近になって、日本でもワイルドライスの特徴やスリムになる方法が広まってきています。

ワイルドライスがシェイプアップに向いている理由は、「必須アミノ酸」「食物繊維」「葉酸」といった栄養素が豊富に含まれているからです。

痩せやすい体質になれるだけでなく、お通じの悪さ解消や美容、免疫力アップに役立ちます。

ワイルドライスのカロリー糖質

100g カロリー 糖質
ワイルドライス 21kcal 4.4g

「ワイルドライスシェイプアップ」とは、ワイルドライスを積極的に取り入れて減量を目指すスリムになる方法になります。

白米そして玄米などの穀物とは違い、植物の種なので、穀物に比べると低カロリー、そして玄米より栄養が豊富なので、シェイプアップ食としても人気があります。

カロリー抑制中にカロリー制限してると、体に必要な栄養をしっかり摂取できずに、代謝が落ちて痩せにくい体質になってしまうのです。

ワイルドライスは、カロリーを制限しながら十分な栄養を摂取することができるため、カロリー抑制中に最適といえます。

ただし、ワイルドライスを食べていればスリムになると言うわけではなく、バランスの良い食生活をするためのサポートになるということです。

ライスなのにシェイプアップによいと評判のワイルドライスは、ご飯好きの私にぴったりのシェイプアップ食材です。

プチプチした食感とナッツのような味わいで食べ過ぎ注意です。

お米に混ぜて炊く、スープに入れる、茹でてサラダにトッピングする、などレシピもバラエティ豊かに楽しめるのでおすすめです。

(30代・女性)

ワイルドライスの食べ方

ワイルドライスは炊飯器で簡単に炊くことができます。

  1. 洗ったワイルドライスに4倍量の水を加える
  2. 炊飯器のスイッチを入れる
  3. 炊きあがったら10分蒸す
  4. できあがり

普通に白米を炊く容量でワイルドライスを作ってみてください、

炊きあがったワイルドライスは冷凍保存できますので、多めに炊いて冷凍庫に入れておけば便利ですね。

また、ワイルドライスを白米に混ぜる方法もオススメです。

一緒に炊くのではなく、白米とワイルドライスは別々に炊いて、後から混ぜ合わせてください。

雑穀米のような感じで白米に混ぜれば、プチプチとした食感がアクセントになり美味しく食べることができます。

ワイルドライスを主食として食べれば、栄養素の摂取量も増えますし、カロリーを抑えるとができますよ。

その他、欧米スタイルのようにサラダに振りかける方法もオススメ。

色が濃いので見た目もよくなり、よく噛むと食物繊維のおかげでお腹が膨れて太りにくくなります。

味がさっぱりとしているので、幅広い料理と相性が良いですから、毎日食べるように心がけましょう。

ワイルドライスは、あくまでもサポートに適した食品ですから、食べているだけで痩せられるわけではありません。

バランスの良い食生活に上手に取り入れながら、シェイプアップに役立たせましょう。

ワイルドライスの栄養素

ワイルドライスは、健康維持のためにも役立ち優れた栄養バランスとなっています。

ただし、ワイルドライスは日本で作られている食材ではないため、まだ日本の文部科学省の食品データベースに栄養成分は記載されていません。

ワイルドライスの栄養素は、USDA(米国農務省)のデータベースから特徴的な栄養成分を紹介していきます。

ワイルドライスに含まれている栄養素

  • ビタミンE
  • たんぱく質
  • アミノ酸
  • 葉酸
  • ビタミンB類
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • 食物繊維ほか

ビタミンE・ビタミンB群

ワイルドライスは、米や小麦といった炭水化物食品に分類されます。

ビタミンE、ビタミンB群、たんぱく質、アミノ酸、鉄分がまとめて摂取できる食べ物ですから、健康維持に役立つ栄養素を豊富に含んだ食品と言えますね。

白米や玄米の数倍含んでおり、主食として食べてもオススメ。

食物繊維

ワイルドライスには、食物繊維が玄米と同じ量が含まれていて、白米の約2倍の量です。

食物繊維は、腸の調子を整えて排便をスムーズにする作用があります。

腸での栄養素の吸収を緩やかにして、血糖値を上がりにくくするので太りにくくなります。

コレステロールを体外に排泄して血中濃度を低下させるため、カロリー抑制中は積極的に取りたいですね。

アミノ酸

ワイルドライスには、必須アミノ酸が豊富に含まれています。

必須アミノ酸とは全部で9種類ありますが、体内で充分に作ることは難しいのです。

そのため、生きていくためには食べ物から摂取する必要があります。

ワイルドライスは、白米に比べて2倍のたんぱく質が含まれています。

葉酸

ワイルドライスに含まれるビタミンB群の葉酸は、玄米の約6倍あると言われています。

葉酸は、不足すると貧血になったり免疫力が下がってしまいまうのです。

特に妊娠期や授乳期には必要とされるため積極的に摂取したい栄養素のひとつです。

ワイルドライスの4つのメリット

ここからは、ワイルドライスでスリムになる理由をみていきましょう。

①筋力をアップする

ワイルドライスには、必須アミノ酸が含まれているので、筋肉量を増やして痩せやすい体質に導いてくれます。

必須アミノ酸は、トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの9種類。

必須アミノ酸は、筋肉を作る材料になり、筋肉を維持する働きがあります。

ワイルドライスには、必須アミノ酸が豊富に含まれており、白米の2倍のたんぱく質も摂取できます。

脂肪をエネルギーに変えるサイクルに関わるためサポートになるのです。

筋肉をつけるために、ワイルドライスシェイプアップをしながら筋トレを併用することをオススメします。

②お通じの悪さを解消する

ワイルドライスには、腸の調子を整える食物繊維が白米の約2倍以上も含まれているため、お通じの悪さ解消に役立ちます。

カロリー抑制中は、食べる量が少なくなり、野菜不足にもなりやすいため、お通じの悪さになりやすいのです。

お通じの悪さになると体内に老廃物や不純物が体内に溜め込まれて巡りが悪くなり、肌荒れや吹き出物が出来てしまいます。

③カロリー抑制中の貧血予防と免疫力アップ

ワイルドライスは、葉酸が玄米の約6倍以上含んでいるため、カロリー抑制中の貧血予防と免疫力アップに役立ちます。

葉酸とは、ほうれん草やかぼちゃなど色の濃い野菜や大豆製品にも多く含まれているビタミンB群です。

④抗酸化力で代謝アップ

ワイルドライスに豊富に含まれているビタミンEは高い抗酸化力があり、体内の過剰な活性酸素を除去して、代謝をアップすることができます。

ビタミンEの含有量は玄米の約4倍と言われており、カロリー抑制中のむくみ解消や肌荒れ防止に役立ちます。

適度な運動も取り入れよう

ワイルドライスを食生活に取り入れると、簡単に多くの栄養素を摂取できるようになります。

その栄養素をしっかり巡らせて、さらに痩せやすくなるためには、適度な運動を取り入れて、カロリーを消費をしましょう。

ワイルドライスから取り入れた栄養素を活用するために、筋トレや有酸素運動を行い、効率的にエネルギーを消費するのです。

運動をして脂肪燃焼しやすい体になれば、少し食べすぎたとしても太りにくく、いつでもスリムな体型をキープできますよ。

まず、見た目が黒くて食欲がわかず、個人的に好みではありませんでした。お米と比べて口のなかでモサモサするし食べづらいです。

しかも販売しているお店が少なくて、やっと見つけたネット販売ですが、私にはちょっと高級品。

美味しいものなら高くてもよいけれど、大失敗でした。

(20代・女性)

【ワイルドライスのカロリー】ワイルドライスのカロリー糖質と食べ方やメリットのまとめ

今回は、欧米のヘルシーフード「ワイルドライスシェイプアップ」のやり方や食べ方をご紹介しました。

健康維持に役立つ栄養素を多く含んでいるワイルドライス。

日本ではまだ、スーパーで手軽に購入することはできませんが、輸入スーパーやネット通販では種類も増えてきて、手に入れやすくなりました。

ワイルドライスの味は、淡白で食べやすいので白米の代わりに食べるだけで続けやすいと思いますよ。

ワイルドライスシェイプアップは、ワイルドライスだけを食べ続けるやり方ではありません。

いつもの食生活に取り入れるだけのスリムになる方法ですから、飽きずに続けることができるでしょう。

炊飯器で炊くだけで手軽に食べられるので、是非一度味わってみてはいかがでしょうか?

気に入ったら、ワイルドライスシェイプアップを実践してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です