【ヨーグルトのカロリー】ヨーグルトは太る!?牛乳やチーズとカロリー糖質を比較

ヨーグルトは健康によいと言われることも多く、よく食べるという方も多いのでは?

減量やスタイルアップのために食べている方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、ヨーグルトは本当に太る心配なく食べられる食品なのでしょうか。

そこで今回は、ヨーグルトのカロリーと糖質について、また他のタンパク質食品とのカロリー糖質比較やヨーグルトを食べることで得られるメリットについてご紹介していきます。

また、太る心配なくヨーグルトを食べる方法についてもチェックしていきましょう!

ヨーグルトのカロリーと糖質

【ヨーグルトのカロリー】ヨーグルトは太る!?牛乳やチーズとカロリー糖質を比較

さっそく、ヨーグルトのカロリーと糖質について見ていきましょう。

加糖・プレーン・低脂肪・無脂肪の種類別に、ヨーグルト1カップ(100g)あたりのカロリーと糖質を以下に記載しました。

1カップ(100g)あたり カロリー 糖質
加糖 67kcal 11.9g
無糖(プレーン) 62kcal 4.9g
低脂肪無糖 45kcal 5.2g
無脂肪無糖 42kcal 5.7g

ヨーグルトのカロリーと糖質を他のタンパク質食品と比較

続いて、ヨーグルトと他のタンパク質食品のカロリーと糖質を比べてみましょう。

ヨーグルトを含めた11種類の、手軽に摂取できるタンパク質食品100gあたりのカロリーと糖質について以下に記載し、カロリーが高い順に並べてみました。

100gあたり カロリー 糖質
チーズ 339kcal 1.3g
納豆 200kcal 5.4g
魚肉ソーセージ 161kcal 12.6g
151kcal 0.3g
ちくわ 121kcal 13.5g
さしみ 117kcal 0.2g
サラダチキン 98kcal 0.8g
豆腐 72kcal 1.2g
普通牛乳 67kcal 4.8g
ヨーグルト 62kcal 4.9g
豆乳 46kcal 2.9g

ヨーグルトは、糖質に関しては特別低いわけではありませんが、カロリーに関しては豆乳に次いで2番目に低い値となっています。

減量やスタイルアップに励んでいる最中に食べるタンパク質食品としては、ヨーグルトはかなり優秀と言えるでしょう。

ヨーグルトのカロリーと糖質をメーカー別に比較

さらに、メーカー別にヨーグルト(プレーン)のカロリーと糖質について比較してみましょう。

それぞれのメーカーのヨーグルト100gあたりのカロリーと糖質について記載し、カロリーが高い順に並べてみました。

100gあたり カロリー 糖質
coop 69kcal 5.2g
北海道十勝生乳100% 66kcal 4.5g
森永 ビヒダス 65kcal 5.5g
雪印 恵 63kcal 5.2g
明治 ブルガリア 62kcal 5.3g
Bifix 38kcal 5.9g
TOPVALU 38kcal 4.3g

糖質に関しては、それほど大きな差はありませんが、カロリーに関しては30kcalほどの差があることが分かりますね。

ヨーグルトを購入する際にはぜひ、こちらを参考によりヘルシーな商品を選んでみてください。

ヨーグルトのカロリーを消費するのに必要な運動量

ヨーグルト(プレーン)を1カップ(100g)食べて62kcal摂取した場合、どのくらい運動すればカロリーを消費できるのでしょうか。

男性と女性、それぞれにおいて必要な運動量を記載しました。

男性の場合

 

ショッピング 28分
ウォーキング 31分
ジョギング 12分
自転車 9分
水泳 8分
女性の場合

 

ショッピング 34分
ウォーキング 39分
ジョギング 17分
自転車 11分
水泳 10分

※一般平均の体型の場合の消費量なので個人差があります。

運動することで、カロリー消費できるのみならず、筋肉を増強することができて、基礎代謝をアップさせることが可能なんです。

代謝が上がると、カロリーを消費しやすいからとなって痩せやすくなります。

よりスムーズに減量を進めたい方はぜひ、食事の面だけでなく運動をすることにも気を配ってみてくださいね。

ヨーグルトを食べても大丈夫?太らない?ヨーグルトのメリット

【ヨーグルトのカロリー】ヨーグルトは太る!?牛乳やチーズとカロリー糖質を比較

ヨーグルトを食べても太らないかというと、答えはYESです!

すでにお伝えした通り、ヨーグルトは手軽に摂取できるタンパク質食品の中でもかなり低カロリーな方で、比較的太る心配なく食べられる食品です。

ただし、糖分が含まれるものはカロリー糖質ともにかなり高い値となってしまうため、減量中やスタイルアップに励んでいる最中には無糖のものを食べる必要があります。

さらに、ヨーグルトには以下のようなメリットもあるんです。

  • タンパク質摂取で代謝低下を防ぐことができる
  • カルシウムが減量やスタイルアップをサポート
  • 腸内環境を整える乳酸菌が摂れる

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

ヨーグルトのメリット①タンパク質摂取で代謝低下を防ぐことができる

ヨーグルトはタンパク質食品であり、しっかりとタンパク質が含まれています。

痩せたいがために食事量を減らしていると、おのずとタンパク質摂取も不足になりがち。

タンパク質は筋肉の構成成分となるため、タンパク質摂取が不足すると筋肉が落ちて基礎代謝が低下してしまいかねません。

ヨーグルトを食べてきちんとタンパク質を摂取することで、代謝低下を防いで痩せにくくなることの予防をすることができます。

ヨーグルトのメリット②カルシウムが減量やスタイルアップをサポート

ヨーグルトには、タンパク質だけでなくカルシウムも豊富に含まれています。

カルシウムは、丈夫な骨を形成する働きがよく知られていますが、実は減量やスタイルアップをサポートする働きもあるんです。

摂取したカルシウムは、脂肪分解を促進したり、脂肪合成を抑制したりします。

また、カルシウムには精神を安定させる作用もあるため、心を落ちつかせて前向きに減量やスタイルアップへの努力ができるようサポートしてくれるんです。

ヨーグルトのメリット③腸内環境を整える乳酸菌が摂れる

ヨーグルトには、腸内環境を整える乳酸菌が豊富に含まれています。

腸内環境が整えられることで、お通じの不調を改善することができますね。

お通じの不調が改善されれば、ぽっこりと出ていたお腹がスッキリとしますし、腸内の老廃物が出ていくことで体のめぐりがよくなって代謝アップにもつながるんです。

お通じの不調になりがちな方は特に、ヨーグルトを積極的に食べて腸内環境を整えるように意識しましょう。

太りたくない!ヨーグルトを食べても太らない3つの方法

ヨーグルトはちょっとした工夫をして食べることで、さらに痩せやすい体を作りやすくなります。

具体的には、以下の3つの方法があります。

  • トッピングに注意
  • 温めて食べる
  • 無糖のままで食べる

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

太らない方法①トッピングに注意

ヨーグルトには、ドライフルーツやグラノーラといったトッピングをして食べるという方も多いのでは?

これらの食品は太る心配なく食べられると思われがちですが、意外にもカロリーや糖質がかなり高いため、トッピングすることはおすすめしません。

ヨーグルトに何か加えて食べるなら、「玉ねぎ」がおすすめ。

玉ねぎはヨーグルトと同様に整腸作用があり、また脂肪蓄積予防や代謝アップをサポートする働きもあるため、玉ねぎヨーグルトとして食べることでさらに、痩せやすい体をつくりやすくなります。

玉ねぎの辛味の苦手な方は、15分以上水にさらしてから加えることで、辛味を感じずに食べることができますよ♪

太らない方法②温めて食べる

ヨーグルトを食べる際には、レンジで温めて食べるのがおすすめです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、40℃くらいに温められることで増殖しやすくなり、ヨーグルトの腸内環境改善の作用がもたらされやすくなります。

また、冷たいままで食べると体温が下がって代謝が低下しかねないため、体を温める意味でも加熱して食べるのが◎。

500Wなら1分、600Wなら40秒くらいの時間を目安に、加熱していきましょう。

太らない方法③無糖のままで食べる

減量やスタイルアップを意識している場合には、ヨーグルトは無糖タイプを購入して、砂糖を加えずに食べるようにしましょう。

どうしても甘みがないと食べられないという場合には、はちみつを少しだけ加えるのがおすすめ。

はちみつには砂糖ほどの糖分が含まれていないため、痩せたい方におすすめな甘味料なんです。

また、きなこやシナモンをふりかけて食べるというアレンジをするのも◎。

このようなアレンジではカロリーや糖質が大幅に増える心配はありませんし、風味を変えることで継続してヨーグルトを食べやすくなります。

【ヨーグルトのカロリー】ヨーグルトは太る!?牛乳やチーズとカロリー糖質を比較のまとめ

今回は、ヨーグルトのカロリーと糖質について、また他のタンパク質食品とのカロリー糖質比較や食べることで得られるメリット、太る心配なく食べる方法についてご紹介してきました。

ヨーグルトは低カロリーな食品であることに加え、タンパク質やカルシウム、乳酸菌といった痩せやすい体づくりに役立つ成分がしっかりと含まれていることが分かりましたね。

減量やスタイルアップを意識している方はぜひ、今回ご紹介した太る心配なく食べられる方法を参考に、ヨーグルトを取り入れて痩せやすい体づくりに励んでみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です